2004年06月30日

『僕と彼女の×××』第20話


マッグガーデン 月刊コミックブレイド 8月号掲載
『僕と彼女の×××』
第20話

千本木に入れ替わりがバレてからの展開はなんというか…良すぎる。入れ替わりものとして期待したものがまさしく今ここにという感じ。(;´Д`)ハァハァ
しかも桃井じいさんが機械を直す意思を示したあたり、もしかすると『あかねちゃん』的二次展開あり? そうなったらばこの作品殿堂入り認定になるんだけど…。

posted by クロエ at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月29日

『特捜戦隊デカレンジャー』該当話


テレビ朝日系列 6/27放送
『特捜戦隊デカレンジャー』
該当 第19話「フェイク・ブルー」

連続強盗犯のウージョン星人のジンチェを逮捕したデカレンジャー。ホージーが ジンチェをデカベースの留置スペースに連行しようとしたところ、ジンチェは その能力を使いボージーと入れ替わってしまう。自分の姿になったホージーを 独房に閉じ込めたジンチェは、デカベースロボを乗っ取ろうとしていた。

活劇としては割と良かったけど、野郎同士なんで感想は割愛(笑)。
デカレンジャーに登場する〜星人というのは、何かのネタにひっかけてあることが 多い。今回の場合、宇宙人の名前の「ジンチェ」はチェンジの逆読みで、 「ウージョン星人」というのは恐らく映画『フェイス・オフ』の監督のジョン・ウーに ひっかけてるんだろう。
…ってこれ見る子供は絶対そんなネタわかんないぞ!

posted by クロエ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月28日

情報提供いただきました


匿名希望さんから探索リストに挙げていた 情報をいただきました。

『それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ』CDドラマ
該当 ラジオドラマ第11・12話  収録CD: [Amazon]

ヨーコの仲間たちがプリクラの機械の暴走で入れ替わってしまうというお話。 割と小粒ネタだけど結構意図的にギャップが大きいキャラ同士を入れ替えて あって中々好感。
アニメに限らないけど入れ替わりネタに多くの人が関わってると どうも恥ずかしく思っちゃう。このドラマ自体1997年頃の旬の声優さんが 多いのだけど、聞いてるとつくづく声優さんて立派だなあと(なんだそりゃ)。

情報提供ありがとうございました。m(_ _)m

posted by クロエ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月21日

『天のおとしもの』第28話


表紙が一番ぐっときた罠

エニックス 月刊Gファンタジー 7月号掲載
『天のおとしもの』(著者:住吉文子
第28話「逆転!?学園長とアップルなのです。編」

遊んでいたアーガイルに誤って投げ飛ばされてしまったアップルは学園長と 頭をぶつけてそのショックで入れ替わってしまった。元に戻ろうとして 同じようにぶつかっても戻れなかった二人は、仕方がなくお互いの姿で すごすことに…。

ロリンな主人公アップルと爺さんの入れ替わりキタ━━(゚∀゚)━━!
でもこのアップルはどちらかといえば、でじことか小麦とかの毒舌系のキャラで 意外に萌えにくかったりして…。でもバカ展開型入れ替わりとしてはまあまあ な出来かな。

[ちゅんさんから情報いただきました。ありがとうございます。]

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月18日

『SAKURAちぇんじ!』


ちゅんさんから探索リストにあげていた作品の情報提供をいただきました。

秋田書店 月刊プリンセス 1998年6月号掲載
『SAKURAちぇんじ!』
著者:嶋田かおり

主人公の少女(中野桜)が、絵の中の女神(木花開耶姫)に姿を入れ替えられるという話、
ということで挙げていた情報のあいまいな部分をかっちり補完できた形ですね。
残念ながら単行本には未収録のようですが、作者である嶋田かおり氏のサイトで 該当作品の表紙及び本編の一部の画像がみれるようです。

情報提供ありがとうございました。m(_ _)m

posted by クロエ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

『G・C・U』より「真琴の初体験」(後編)


少年画報社 ヤングキング13号掲載
『G・C・U』(著者:才谷ウメタロウ
第32話 『真琴の初体験(後編)』

予想は出来たけどなんかいい話に納まっちゃいましたな。最後の柱に 「読者の皆さんの指摘通り、けっこう事実です。」と何気に書いてあるが、 じゃあ入れ替わったのも実体験だっていうのか…。

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『オレがゴリラでゴリラがオレで』


集英社 週刊少年ジャンプ 29号掲載
『オレがゴリラでゴリラがオレで』(著者:ゴーギャン)

ゴリラかよ!

posted by クロエ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月12日

『僕と彼女の×××』第2巻




マッグガーデン ブレイドコミックス
『僕と彼女の×××』(著者:森永あい)
第2巻 bk1

第1巻に挟まれていたペーパーには「待望の第2巻まで、あと365日強!」と書いて あったけど、第2巻目のペーパーには「あと500日強!!」って書いてある(笑)。
読み返してみたらちょっと驚いたんだけどこの作品てすごく面白いじゃん。 雑誌掲載時は間隔が長いから読み足りなさを感じることが多かったんだけど、 まとまって読めると非常に満たされた読後感が。自分でちょっと意外だ。

改めて思うけど、この作品て良くも悪くも現代的だと思う。 主人公のあきらを除くとどのキャラも自己中心的でかつドライ。奈々子は 男の体になって直後に童貞を捨ててしまうし、あきらの家族は人が変わって しまったあきらを見てたくましくなったと(笑)喜んでるし、千本木は 親友が女の子に入れ替わっていたことを知っても動じないどころかむしろ その立場を利用しようとする。

奈々子はまるで男になったことに動じないどころか、むしろ活き活きとしている くらい。『転校生』で一夫になった一美がなにも出来ずオロオロすると いった描写から考えると隔世の感がある。といってもこの作品が際立って そういう演出をしているわけじゃない。ここ最近の作品 の『さんだー☆インパクト』や『メタモ☆キス』にしたってそうだ。女の子は 入れ替わった直後こそとまどうけど、そこからは相手の男の子を引っ張る くらいの勢いがある。

その現代的面白さが入れ替わりものとして萌えるかっていうと割と 微妙なんだけど、今の時代を反映してる入れ替わり作品と考えると 非常に重要な作品だと思うんである。

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

Yahoo!の新検索サービス




ヤフー、「Yahoo!JAPAN」の検索サービスを刷新

検索といえばgoogleというのはネットでは常識だけど、最近では使い勝手のインターフェイスを別にすると他の検索サービスも同じくらいの能力を持っている。
ここ最近は該当作品を探すのは専らネットの検索頼りという感じなんだけども、googleでは引っ掛からないけど他の検索サービスでは引っ掛かるというのは実は少なくない。

google以外で検索サービスと言えばnaver
フレッシュアイA9あたりがいい感じだった。
そしたら上記のYahoo!の新検索サービスという話があったので使ってみたら、これがまたビックリするくらい引っ掛かる引っ掛かる。出るわ出るわで頭の100件を見ただけでも今まで知らなかったWeb作品が軽く20件くらい出てきたので正直驚いてしまった。

情報ジャンキーとしては嬉しいんだけど、こうも作品数が多いと反芻する余裕がないのが残念…。

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする