2005年01月29日

『GIRLSブラボー second season』第1話


BS WOWOWにて1/27放送
『GIRLSブラボー second season』 公式サイト
第1話「プールでブラボー!」





すごすぎる。

原作の2巻に収録されている原案になったエピソードでは 福山と雪成が入れ替わるだけで、もしかしたらアニメではオリジナルな展開あるかも…と 大した期待をもせずに視聴してたわけですが…実際放送されたものは期待を良い方向に裏切る といったヌルい程度ではなく、ある種の金字塔レベルまで達してしまった、と言ってよいかと。

入れ替わりものの持つスラップスティック感と、男と女が入れ替わればそりゃエッチな 話になるに決まっていると言わんばかりの開き直りっぷりがハジケまくり!
これをエロに行かないボーダーぎりぎりのライン(R-15)の中でやってのけたのがすごい。 女性陣に入れ替わった面々がタコの触手にいいように弄ばれる展開に至っては、スタッフ にすでに正常な判断が出来る人間がいなくなっているとしか思えないけど(笑)。

他にも集団入れ替わり状態で話を進めるという展開はありそうで実はあんまりないといった 細かい点もあるけど、なにより正直商業作品にここまでのものをやられてしまったら ネットでTSF小説を書く人は困っちゃうだろう、とか余計なことまで考えたりして。
まあ後アニメに詳しい人なら分かると思うのですがこのアニメの主要キャラの声優さん はかなり人気がある声優さんで、その人たちに漏れなく福山のセクハラセリフを喋らせると いう暴挙をかましたりとその所業は公開セクハラに近い(笑)。

色んな意味で凄すぎる作品でした…。

続きを読む
posted by クロエ at 23:56| Comment(1) | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

『バカな方の鈴木』該当ドラマ


以前リストのその他に『バカな方の鈴木』の ことを書いたのをなんとなく思い出し、そういやこれどうなったんだっけか…と思って近所 のTSUTAYAに行ったらこの番組のDVDが 貸し出してたので、早速借りて調べてみるとバッチリ該当話収録されてました。( ´∀`)9 ヤッタネ!

バラエティ番組『バカな方の鈴木』
該当ショートドラマ 第10話「転校生Part2」
DVD 『バカな方の鈴木 DVDコミックス2 〜石の上にも3年B組!編〜』 [Amazon] 収録





パパイヤ鈴木(役名があるのかもしれないけど)とその妹が入れ替わって しまうという話。
二人とも演技がつたないのはまあしょうがないとしてもパパイヤ鈴木の存在感 が強すぎて、見ていてこの二人が入れ替わっていると納得するのは少々厳しいぞ(笑)。
まあ小ネタということで。

posted by クロエ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

『魔女っ娘ア・ラ・モード』該当話


遅ればせながらあけましておめでとうございます。
こないだの『光と水のダフネ』の時と同様 に初回特典のみが目的で買いました。
『魔女っ娘ア・ラ・モード 唱えて、恋の魔法!』の 初回限定版。 [Amazon]
これの特典CDに収録されているドラマが該当なんですな。


これまた入手の敷居が高いよね…


ちなみにゲームはやってません(おい)。
まあ内容はそこそこ良かったかなあと思うわけなんだけど、これが収録されているCDの 最後のトラックに声優による座談会があって、声優さんはこの入れ替わり演技を結構 楽しんでいたのが割と印象的。というか(入れ替わりを)もっとやってほしかったなんて 意見もあったくらい。声優、いやもっと広義な役者を生業にする人にとって は別のキャラクターを演じるというのは面白いテーマなんだろうなあ。

こういうのを見ると入れ替わりというお話が、面白い話を書きたいと思う脚本家・変わった演技を したい役者、というすごく狭い範囲ではあるけれど需要(…とはちょっと違うか、提示されれば やってみたい的なものとして)があると言えなくもないわけで、そういう意味では 今回のように作品が男女比が極端なギャルゲーというのは設定が活かしきれてない感じで ちょっと残念かな。どうせならもっとグチャグチャのシッチャカメッチャカに なったほうが面白い。

posted by クロエ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする