2005年02月27日

『灼眼のシャナ』番外編


『灼眼のシャナ』 番外編「−リシャッフル−」
一応番外編に相当するので本編読んでなくて大丈夫かな、という心配があったけど そこらへんは画集に収録されているという ことで冒頭に簡単に説明を置くなどして考慮されてるのが嬉しい。(入手のハードルは高いけど) まあライトノベルを読んだことがある人なら問題なくすんなり読めると思うです。
しかもこれは入れ替わり作品としてもなかなか良く出来てる。入れ替わり状況に 翻弄される二人の描写が丁寧かつ面白い。ていうか超萌えますた(*´Д`)ハァハァ

posted by クロエ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『たるとミックス!』単行本第1巻


『たるとミックス!』単行本第1巻 [Amazon]
約2年待っての待望の単行本化。帯の「兄ときどき妹。」ってなんか凄いなあ(笑)。 しかし何故表紙は二人のりぼん?なんだろう。
Carat掲載分は路線が若干違ってたけどそこは特に分けたりせずごちゃまぜに 載ってますね。入れ替わりがネタのメインになってるエピソードはどれも良いけど、 個人的にはたるとになったりぼんが誤って学校にブラをつけてきたエピソードが面白い。

posted by クロエ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『僕と彼女の×××』第24話


マッグガーデン 月刊コミックブレイド 4月号掲載
『僕と彼女の×××』
第24話

素晴らしい。今回「ロミオとジュリエット」劇の中での千本木のプチ合法 っぽいキスを如何に阻止するかというのがメインだけど、メインの登場人物4人が どういう思惑で動いているかを理解していると抜群に面白い。
そしてその結果起きた意外と衝撃の二段オチ!
萌えまくって本気で大爆笑。 自分の中でこの作品が殿堂入り+(プラス)に昇格しました。

posted by クロエ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

超充実買い物( ´∀`)





(;゚∀゚)=3 ムハー豊作。昨日、たまたま仕事が早く捌けたので帰りに神保町に。

『いとうのいぢ画集 紅蓮』匿名さんからもらったばかりの 情報ですね。ありがとうございます。数もさることながら内容も超充実。 情報反映及び詳しい感想はまた後で。

posted by クロエ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月19日

『とびきり上等な恋をしよう!』


宙出版 恋愛白書milky はじけるクッキー号(恋愛白書パステル 3月号増刊)掲載
『とびきり上等な恋をしよう!』(著者:神崎ともこ

女子高生の柴崎美由は成績優秀・容姿端麗・スポーツ万能で有名な上杉勇陣に片思い。 部活中の勇陣に見とれて体育館の2階から落下した美由は、勇陣とぶつかってしまい 気がついた時には勇陣と入れ替わってしまっていた。仕方が無くお互いに なりすまして過ごすことになったが、勇陣は美由が自分のことを強く想っていて くれたことを知って…。





なかなか王道的展開のお手本のようないい作品。作者の神崎ともこ氏のサイトによれば これは再掲載のものらしく初出はもっと前らしい。今回掲載分は一部カラーページがモノクロに なってるが、作品自体が見れる機会が多いのはいいことだから無問題。
いい作品とはいったけど女の子視点だからそういう流れに見えるわけで、男側にしたら いきなりぶつかってきた見知らぬ女の子になったわけだから割ととばっちりではある(笑)。 少女漫画にしてはそういう男側のとまどいが描けていていてなかなか良かった。

[この作品の情報はちゅんさんからいただきました。ありがとうございました。]

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

話題をいくつか


『キスへのプレリュード』が 今年の7月に公演予定という話。
メグ・ライアン主演の映画版がおなじみなこのタイトル。元々は舞台で名を成した 作品であるということで、その持っている本来の魅力が堪能できるわけですな。 まだ半年も先の話なんだけど是非見に行きたいですねえ。( ´ー`)
しかし物語の主役となるカップルは映画版を見る限り結構高い知的レベルが要求 される感じだったんだけどネプチューン原田に演じきれるんだろうか…。 しかも映画と 同じ通りの展開があるとすると江守徹とキスすることになるんだけど…。

ぴっかぴかコミックスで 藤子・F・不二雄の『バケルくん』がリリース開始。
えーちょっとまだ該当話が収録されているかは確認を取ってないのですが、『バケルくん』自体は うちのサイト的にちょっともっと持ち上げてもいいと思っている作品なのです。
同じく藤子・F・不二雄の作品『ドラえもん』が非日常の全てを扱う作品だとすれば、 『バケルくん』は“別の誰かに変身する”というテーマに特化した作品。 そこには変身する楽しさが描かれる一方で、そのアンチテーゼを匂わす作品すらあり 藤子・F・不二雄の多才っぷりがあらためて味わえまする。

・『GIRLSブラボー』の該当話とちょうど時期が被ってて触れて なかったんですが、 『MURDER PRINCESS』(著者:犬威赤彦)の 第4話が堅実に話を組み立てていてなかなか好印象。特に表情が上手く描けてるなー。
あとはこのシチュをより活かした話を描いてくれるといい感じ。


あとは微妙に関係ありそうでない話


・今度BS日テレで2/12(土)に 『山田太郎ものがたり』の台湾製作による実写ドラマが放送されるんだそうで。 『山田太郎ものがたり』といえば 『僕と彼女の×××(ぺけみっつ)』の 森永あい先生の作品なわけですよ。
で、どういうことなのかとテレビ誌等を読んでみると、なんでも台湾では日本の漫画は 人気があって結構ドラマ化されてるらしいんですな。ということは 『僕と彼女〜』も 将来的にドラマ化の可能性があると思っても良いのだろうか…(超希望的観測…^^:)

posted by クロエ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする