2005年04月30日

『僕と彼女の×××』第25話


マッグガーデン 月刊コミックブレイド 6月号掲載
『僕と彼女の×××』(著者:森永あい)
第25話

えーここ最近は毎回のように誉めてるわけですが、今回も誉めます(笑)。
ていうか神レベルに磨きがかかってきたとすら思えます。いつも個人的に見所と思える部分を キャプってるわけだけど今回見所が多すぎて逆にキャプれなかった…。

特に心理描写が良すぎる。ブレイド誌211P-216Pにかけて(ノンブルないんでわかりにくいですが)の 一連の流れは正直鳥肌立った。
あきらにとってはこないだの演劇の時のキスで憧れの桃井に近づいたつもりだったのに、 椎名の屈託ない笑顔は当の桃井はますます自分から遠ざかっているという残酷な 事実を語っている。そんな傷心のあきらに畳み掛けるような千本木のガチ交際要求。
あきらはここに至ってこの状態(入れ替わっている状態)のまま前に進むことを初めて真面目に 意識した、と思われる。結局頭で考えた結論は今までと一緒ではあったけど。

もう今回感心することしきりなんだけど、ここまで心理描写で魅せることが出来るのは 女性の作家さんならではだなーと思う。ただここまでやっていながらちゃんとギャグとしても 成り立ってるあたりのバランス感覚が驚異的というか、正直脱帽もの。
前にも書いたことだけど千本木に入れ替わりがバレてからの心理的な駆け引きが 冴え渡っている。今の展開が森永あい氏の作風とやりたいことというのが ガッチリ噛み合ってる、というのを作品から感じる。この作品を現在進行形で 読める、なんて幸せなことよ( ´∀`)

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

『食玩少女レアだもん!!』第5話


今回の電撃帝王は特に買いだー!


メディアワークス 電撃帝王 vol.5(電撃大王6月号増刊)掲載
『食玩少女レアだもん!!』(著者:かのえゆうし
第5話「(タイトルなし)」




本来の話自体はありがちな押しかけ女房なハーレム型の亜種だけど、そういう話こそ 入れ替わりものみたいなドタバタやってほしいわけでこういうのは大歓迎さー。
しかし入れ替わったことによるコミカル描写もあるにはあるけど、どちらかと いえば食玩少女になって弄ばれる主人公の方が印象に残るのはどうなんよ(笑)  後あの戻り方はちょっともったいなかった…。そりゃあんた、巻き込まないと!


同誌掲載の 『MURDER PRINCESS』はなんだか 普通の少年もののノリになってきつつあるかな。どうせなら「輸魂の法儀」を話のメインに持ってきてしまえばいいのに…。
これは純TSFだけど『かしまし 〜ガール・ミーツ・ガール〜』も帝王の方に来るらしいことも載ってるし、 『とらぶるうぃんどうず』は載ってるし(管理人はアニオタですが、「」でもあります)。今回の帝王は 非常に買って損なしでござるよ。

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

スネ夫の気になる発言


リニューアル『ドラえもん』第2回第5話「のび太のおよめさん」を見てたわけですよ。
以下はのび太たちが将来の結婚について話すシーン。





スネ夫「僕は結婚するんならアイドルの丸井マリちゃんみたいな子がいいな」


……煤i゚Д゚;)え!


これ普通の人が聞いたらなんてことない会話ですが、入れ替わりマニア(自分以外にどれくらいいるんだか)が聞いたら驚くべきものです。 『ドラえもん』には何人か女の子のアイドルが登場しますが、この丸井マリは入れ替わり の 該当話「ぼく、マリちゃんだよ」にしか登場 しないキャラなわけですよ。
ただアイドルの名前を出すだけなら現実のアイドルの名前をもじるか、もしくは『ドラえもん』の中で もっともメジャーなアイドル・伊藤翼を出すのが普通です。 つまりこれは遠くない将来に「ぼく、マリちゃんだよ」がリメイクされる伏線と考えていいのではないか…!


すいません…いつもこんなことばっかり考えてます。

posted by クロエ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

『キスプレ』チケットをゲッツ!


先日に続いて、またまたチケットを(σ゜Д゜)σゲッツ!!





今年7月公演予定の 『キスへのプレリュード』の舞台ですが、 まだ4月だっていうのに随分気合の入った特集ページまで作られてた次第で。(ここの一枚絵は秀逸)
ここの動画でリタ役の愛華みれという人の動く姿を初めて見たけど、結構綺麗な人だなあ と驚きつつ、この人が爺さんに体を乗っ取られるわけだなと思うと、本当にいいんだろうかという感情が沸々と(笑)。

そういやてっきり日本を舞台に翻案するものかと思ってたら、役名からしてピーター・リタとそのまんま。あんまし演劇のことは詳しくないんだけど こういうものなんだろうか。
とはいえ日本語には英語圏にない男言葉・女言葉があるわけだから、映画のようにスムーズに取って替わられる状況は起こんないのじゃなかろうか、とか― 色々とごちゃごちゃと期待に胸を膨らましてます。なんせ普段舞台とか見に行く習慣ないもので…。

posted by クロエ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

『王様ゲーム』該当話


芳文社 まんがタイムジャンボ 5月号掲載
『王様ゲーム』(著者:寿らいむ
該当


入れ替わり直後萌え〜


情報を聞いた限りではほんのさわり程度に該当なのかなーと思って読んでみたら― いやいや短い中に入れ替わりの面白さのエッセンスを凝縮してる良エピソードですよ?
自分の中では入れ替わりってこういう軽いおバカなノリなものだろーって感覚あるんで、 こういうのは非常にツボでして( ´∀`)
今度の6/2に単行本が出るらしいけどこの該当話が収録されるかは微妙かな。

posted by クロエ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

『うんけん』第34話


秋田書店 月刊少年チャンピオン 5月号掲載
『うんけん』(著者:サイレン☆ボラ夫)
該当 第34話「幻惑されて」





えーこの作品全然知らないのでキャラ把握とかが弱くならざるを得ないんだけど まあそこらへんはしょうがない。男女が入れ替わっているとはいえエッチ方向には申し訳程度で 下品ギャグに突き進んじゃうのは少年誌掲載作品ならではか。
つってもまあ少年誌掲載の該当作品というのは脳内補完も併用して楽しむものなので これはこれでよし。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

少女漫画シリーズもの新旧二本


『不思議通販けろりん堂』(著者:水上 航)
なかよし 5月号からの新連載もの。ちょうど当サイト 一周年の日に知ったということでなんとなくげんがいい作品。以前同じ著者が掲載した 読みきり 『CHANGE』→リストへ)が 認められて連載に昇格ということなんでしょうね。とはいえ少女漫画は連載とかいいつつ 全三回とかいうのも結構多いので、コソーリとアンケートで票を入れておくことに しよう。

入れ替わりであるのは間違いないけど、実質主人公である倭子の変身がメインぽい。 せっかく入れ替わっているのだから当事者同士のパニックが見れないのはちょっと もったいないかな。まあいくらでも膨らませる余地はあるので今後に期待。しかし 「さあ入れ替わり人生のはじまりですよ♥」って台詞はなんかすごいな。いいぞ もっとやれ(笑)。そのうち秋良くんとの入れ替わりキボンヌ。


一方、 『マジヘン!?〜魔法変身彼←→弟〜』(著者:鳥山みき)は 少女コミック 9号にて最終回。
知ってる人は知ってると思うけど、最近の少女漫画のエロ化はすさまじく、 特にこの作品を掲載している少女コミックは「性コミ」と当て字されるほどの エロ描写・セックス描写が満載な代物であり、ものによってはそこらへんのエロ漫画 よりよっぽどキツいくらい。

そして4コマ作品である本作すらもなんだかドギツいエロ要素が多く、入れ替わりの 対象も男同士だし正直言うと他人にオススメするのがはばかられる作品でした…。 この作品って本来の対象読者である女の子から見ても面白かったんだろうか…。 恐らく男で真面目にこの作品に目を通してたのは自分くらいだと思う。 まあ何にせよ2002年スタートだから約3年間の連載お疲れ様でした。

まあそんな作品でもオチはキレイにまとめたので TSFスキーな人も最後は溜飲が下がったのではないかと。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

サイト開設一周年になりました


サイト開設一周年になりました。


一年間サイト運営をしてきたわけですが、そのことで疲れたということは 全然ありません。更新が頻繁だったり少なくなったりと波はあるのですが それが私のペースでして…。何より入れ替わり作品の情報を 扱うというのは本当に自分が好きだと思えることなので、今このサイトの 運営していることがとても楽しくてしょうがないです(^_^)

当サイトを利用されて入れ替わり作品の楽しみを得ることができた、という方が 一人でもおられるならそれに勝る喜びはありません。
折角頂いたのに私の確認不足・処理能力の遅さ等の理由でまだリストに 反映出来てない情報が多数ある点が心苦しいのですが、反映する意思は ありますので長い目で見守っていただけるとありがたいです。


ここ一年の成果なんですが、自分の持っている情報・頂いた情報等を 元に作品リストの項目を埋める作業を少しずつ行ってましたが、 サイト開設前の準備期間の一年を含めて二年かけてもリスト項目は 埋めきれませんでした。やっぱりそれなりの量があるものでして…。

現時点でリストに抜けがある作品やまだリストに反映していない作品を 数えてみたところ残りがあと約100作品ほどです。現時点でどうしても 埋めれない情報というのも実はいくつかありますが、当面の目標として 今年中に埋められる分は埋めきってしまおうと思ってます。

そして、もっと雑記以外の読み物も充実させていきたいと考えてます。 もし他にこういうコンテンツがあったらいいのに…等の要望があったら、 軽い気持ちで言っていただけたら嬉しいですね。出来うる範囲で興味深い ことならやっていきたいと思います。


あとこの一年でカウンターが約230,000ヒット超を記録していました。 自分はあまりヒット数を気にしない方なのですが、この数字には大変 驚いています。リロードで回るカウンターだし、サイトのページ構成上 トップページが何回も表示されることがあるので純粋なカウント数とは いえませんが、それなりの人数が訪れることがなければ出ない数字です。 厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

この一年間で貴重な情報提供をしていただきました
匿名希望(1号)さん、ちゅんさん、虎之助さん、紅珠さん、にゃあさん、 けいさん、A2さん、詠み人ジラースさん、4さん、AUさん、天笠さん、ノアさん、 ちきにゃんさん、S.Kさん、加藤さん、bornslippyさん、totoさん、ミーさん、 他数名の匿名希望さん
にはあらためて感謝いたします。おかげさまでサイトがとても充実した ものになったと思います。本当にありがとうございました。m(_ _)m


続けられる限り続けたいなあと思っていますので 今後ともどうぞよろしくお願いします。

posted by クロエ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

『スクールランブル』最終話


テレビ東京系列にて 3/28放送
『スクールランブル』アニメ公式サイト
該当 第26話(最終話)「(サブタイトルが長いので省略)」

この作品普通にラブコメものとしても出来がよい作品なのですが、なんだか 該当が来たのでアニキャプ系サイトっぽく取り上げてみたり。(自分生粋のアニオタですので)
今回の該当ってこっち方面のお約束をちょっとばかし意識してるっぽいのが あるんでそういうのを取り上げてこそうちのサイトかと。



↑例えばこれとか『おれがあいつで〜』で出てくる身代わり地蔵ではないか、と。



この神社の階段とかはわかりやすい。(笑)



そんなこんなでそれぞれが面白くかついい感じに。




まあ夢なんですけどね(笑)。
ってこのエピソード入れ替わりのいの字も台詞として出てこなかったのに ちゃんと問題なく通っちゃってるよなあ。面白かったですわ〜。

[この情報はミーさんからいただきました。ありがとうございます。]

posted by クロエ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする