2005年08月30日

『僕と彼女の×××』特設プレサイトオープン


連続ムービードラマ 『僕と彼女の×××』特設プレサイトオープン!

プレオープンだけにほとんど何もありませんが。
プレとはいえこの安い作りはどうなのか…。
劇場上映の話がもうちょっと詳しく書いてます。

シネクイントにて、特別レイト上映決定!!

劇場の大スクリーンで期間限定上映します!!

2005年10月5日(水)〜10月8日(土)
場所:シネクイント(渋谷パルコpart3 8F)
開場時間:21:45(予定)
上映時間:21:55〜23:40(予定)
チケット:1.000円(全席自由)
発売予定:9月9日(金)〜
店頭:チケットぴあの店舗、または取り扱い店
   (セブンイレブン、ファミリーマート、サンクス)
電話:0570-02-9999(オールジャンル受付)
WEB :http://pia.co.jp/

終わるのが23:40て…。原作のメインの読者層って中高生くらいだと思ってたんだけど。
とても居られる時間じゃないよな。平日深夜の渋谷にいても問題ない層…俳優のネームバリューで 客集めようとしてますか?
マッグガーデン公式の最新情報の方では 監督が明らかに。

しかし知れば知るほど微妙な気分になるのはどうしてだ…。

posted by クロエ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

実写版『僕と彼女の×××』単館劇場公開決定!!


実写版 『僕と彼女の×××』単館劇場公開決定!!


月刊コミックブレイド 10月号 [Amazon] より

ブレイド発にて初、なんと単館劇場公開が決定したのだ!!!
10月特別上映ということで、場所はシネクイント渋谷!!!
上映期間は10月5日〜8日、時間は21:50(予定)より。
チケット購入方法等の詳細はブレイドオンラインにて随時UPされて
いくので、こまめにチェックしてみよう!!!



…うーん? 単館上映でしかも平日の夜遅くのみ…ってどうなのさ。
あんまし話を大きく見せようとしないで最初から試写会と言って しまった方がまだスッキリするのだけど…。なんかもやもやする話だ。
といっても自分はもちろん観に行きますけどね(笑)


最近の『僕と彼女の〜』関連のブレイド誌掲載の本編以外の情報を まとめてみる。

▼実写版

情報が色々出てきているので整理する。
まずブレイド誌出の確定情報から

 (1)上でも触れたように単館劇場公開(10月号より)
 (2)10月14日に実写版ビジュアルガイド発売予定(10月号より)
 (3)原作の第2巻収録の10〜12話に相当する沖縄編あり(9月号より)
 (4)主演キャスト(8〜10月号より)

   上原あきら:塩谷瞬
   桃井菜々子:高橋真唯
   千本木進之介:藤沢大悟
   椎名真琴:鈴木あきえ
   桃井萬造:佐藤正宏

ぶっちゃけ沖縄編てなくてもいいエピソードなんですが…。
で、以下は不確定情報

  (5)Yahoo! Japanによる動画配信
  (6)全8話
  (7)その他キャスト

   瀬賀組のボス:阿南健治
   現場作業員:まつだ壱岱
   ??:浜田光人

(5) ― このソースは塩谷瞬氏のサイト。9月から配信ということだったけどそれはない
    何故なら8/30発売のブレイド誌にそのことが一切載っていないから。
    ネット配信はありそうだけど、それは10月か11月くらい?
(6)(7) ― ネット上で検索すると出演作と表記している俳優さんが何人か。
    全8話というのは俳優・阿南健治氏のサイトから。
    つーか瀬賀組のボスってなんだよ。10月号にもそれっぽい写真あるし…。


2005.09.06追記 さらにキャスト・スタッフが何名か

   以下は役名不明ですが
   中村龍介、川島雄作、笹川大輔、羽田昌義

   脚本:サタケミキオ

…この作品てメインの4人いれば成り立つ話なんですが…


▼ドラマCD版

こっちも一応確定情報をば。

 (1)第1話に相当する内容(8月号より)
 (2)主演キャスト(9月号より)

    上原あきら:野島健児
    桃井菜々子:未定
    椎名真琴:釘宮理恵
    千本木進之介:鳥海浩輔

10月号では一切触れてねえ…菜々子役はブレイド的に目玉情報ということなのか。
一応通販限定扱いではあるのですが、同様のドラマCDでも人気の高さから一般発売まで 至った『tactics』の例もあるので、通販の手応え次第で一般発売はありえると踏んでます。


▼単行本第3巻




9/10(土)発売。2巻に入ってたペーパーにはあと500日強!とか書いてましたが、 2巻が2004年の6/10だったので約450日ですね(笑)。


ブレイド誌は『僕と彼女〜』で色々仕掛けてますが、なんか探り探りやってる印象を 強く受けます。石橋を叩くのもいいのですが、もっと冒険してもいいのでは? 森永あい氏の 作品の持つポテンシャルは十分に一般受けが狙えると思うし、かつ採算が出るだけのものがあると 思います。

posted by クロエ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

『ファースケープ』第2期第9話


未訳海外作品のページで挙げていた海外ドラマ 『ファースケープ』公式サイト)の 該当 第2期第9話「Out of Their Mind」ですが、 なんと無料ストリーミング放送を行っているサイト GyaO にて8/20(土)から配信開始とのこと!こりゃめでたい!

一応海外版のDVDを入手して視聴はしてましたが、英語が全然分からないため話の詳細がよく分からず悔しい思いを してました。(まあそれでもなんとなくわかるわけですが。)この該当エピソードの特徴はなんといっても実写の集団入れ替わりものだということ。
実写に限って言えばありそうでほとんどなかったりするわけですよ。

この作品は宇宙を舞台にしたSF的ガジェット満載で、言うならば実写版『21エモン』とでもいうような作品。 実写なのにどこか藤子F的漫画っぽい楽しさがあるのだけど、このエピソードでもそんな要素が炸裂。
アニメ 『ギャラクシーエンジェル』の 該当 第2期第11話「彼岸への回転寿司」では集団で入れ替わったキャラクターが誰が誰かを 判別するためにそれぞれが名札をつけるということをやってましたが、この話では顔写真入りのプレートでそれをやっちゃってます(笑)。


漫画かよw


他にもエアリンに入れ替わったクライトンがあんなことを!
期間限定だったりするのが残念ですが、無料らしいので余裕がある方は是非。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『わんデーハプニング』


小学館 増刊『わんこスペシャル』掲載
『わんデーハプニング』(著者:やぶうち優


やぶうち優氏は『少女少年』といい『ないしょのつぼみ』といい、やはりどこかこちら側の世界の住人な気がする(笑)。 この話にしたってそうだ。雑誌全体の読者対象は低学年の女子相当だと思われるのだけど、この作品は犬と入れ替わったことで意中の女の子の 近くにいられることになった男の子がドキドキするという内容…つーかぶっちゃけ狙ってるだろ。


むっはー


ちょwwwテラエロスwww
まあなんだかんだ言ってもお話は本来の年齢層に向けてあるだけに無難にまとめてありますが。ただどうも 『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』(著者:塩崎雄二)の オチを見たことあると、どうしてもそっちの方を期待してしまうな(笑)。もしそれだったらそれだけでご飯10杯は余裕でしょうな(笑)

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

2005年の夏コミ


この画像が入れ替わり作品の戦利品てわけじゃないですが


今年も色々楽しんできました。
入れ替わり系では『先輩とぼく』の本とか、フルメタで該当の小説本とか、意図してない割によく見つけたものだと 我ながら感心。 TSF関係のサークルさんの本も一通り購入させていただきました。 他今回のコミケの感想等色々あるのだけど、あんましうちのサイトとは関係ない話なのでチラシの裏行き。

ああ…自分も本作りたいなあ…(って去年も言ってたなコレ)。
ない時間をいかにやりくりするかだねえ。

posted by クロエ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

女子高生のちこと入れ替わりました


えーと自分がHNを「クロエ」と名乗ってるのはこのサイトを開設してからのことで、かれこれ 一年半くらいになりますか。まあそれなりに愛着も沸いてたりもします。
そんな矢先、まさかこういう作品に出会うとは思いませなんだ。


小学館 Cheese! 9月号増刊 掲載
『そのまま!じっとしてて』シリーズ(著者:春日あかね)より
該当 話「そのまま!ぎゅっとしてて」





主人公のちこと彼氏の黒江(くろえ)くんが入れ替わっちゃう話(笑)。

自分はHNをちこに改めた方がいいんでしょうか(落ち着け)。
しかもこの名前は単なる設定じゃなくて作品中何度も「黒江くん、黒江くん」って台詞 出てくるんだ。恐らく自分以上にシンクロ率高くこの作品を楽しめた人間は おるまい(笑)。
しっかしちこの体は胸が大きくて疲れるぜ。

では内容はどうかといえば、Cheese!掲載作品の割にエッチさもドギツイということもなく、非常に 読みやすく男女入れ替わりものとしてはなかなかの佳作に仕上がってるんじゃないかと。 少女漫画だとこんなシチュエーションにも関わらず恋愛云々の方向に話が行ったりすることも 多々あるけど、この作品は最初から最後まで入れ替わったことのドタバタに終始していて 好印象。

しかしこんな偶然はもうないでしょうなあ。読んでて他人事の気がしないよ(笑)。


[この作品の情報はちゅんさんからいただきました。ありがとうございました。]

posted by クロエ at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

『けろりん堂』オワタ


講談社 なかよし 9月号掲載
『不思議通販けろりん堂』(著者:水上 航)
第5話

なんか最終回なんですが…
やはり入れ替わりものを謳ってるのに片方は寝たまんまという消化不良気味の設定がよくなかったのか…。 第3話なんか男と入れ替わったりしてたっていうのに主人公になった男の方は同様に寝たままだったし。 今回入れ替わった相手の方も目覚めてようやく入れ替わりものらしくなってきたと思ったら作品そのものが終わって しまった…残念。

posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

ちょwwwwwwアクエリオンwwwwwwwwww


『アクエリオン』の18話が放送されたわけですが。
…まあ結論から先に言うと該当ではなかった。


しかしぶっ飛び過ぎだコレ




敵に勝てないアポロたちを見た不動司令に「相手の身になりきってみろ!」と言われ、 それぞれちぐはぐながらも相手を演じる面々…



「見ちゃいらんないわね」
その様子を見ていたリーナがこちらに歩いてくるではないか。
おかしい…リーナは歩けないはずなのに…。




そして…リーナが日傘を翻すとそこには!







ちょwwwwwww司令wwwwwwwwwww
いやもうそれ、演じるとかなりきるとかいうレベル超えてるから!www
明らかに体積違ってたから! なんだこの馬鹿アニメ!(褒めてます)
一応コスプレってことになってるけどTSF該当扱いにしていいと思うよコレ(笑)
他にも馬鹿要素がてんこ盛りなんで興味ある人は是非。

posted by クロエ at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする