2005年11月28日

ネタ書き溜め


ちょっとネタが色々と溜まってるので書き留めておきます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼実写版 『僕と彼女の×××』

コミックブレイドの1月号に よると12月中旬配信開始だそうで。かなり長く待たせたというのに具体的な配信スケジュールとか わかんないんすね…。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼CDドラマ版 『僕と彼女の×××』

しばらくブレイド誌でも扱ってなかったので、そういやどうなった…と思いきや 1月号でキャストのインタビューが掲載されてました。
そういや菜々子役が未定だったけど結局誰になったのかと思ったら


桃井菜々子役  沢城みゆき


みゆきちキタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!
ちょ…めちゃ聞きてー!もう11月下旬だよー。早く届けてくれー!

他、ブレイド執筆陣で冬コミに同人誌出すとか。(コミックブレイドブース)
森永あい氏も描いてるけど、『僕と彼女〜』関係かは不明。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『タイトル未定』

これは匿名希望さんからいただいた情報です。
現在発売されている少女漫画誌恋愛天国の12月号 に載っている2月号予告に掲載予定としてある作品が該当じゃないのか、という話。
確認してみるとタイトルは未定ですが確かに該当ですね。情報ありがとうございますー。



この号が出るのが12/19(月)です。ちなみにこの「恋愛天国」誌は昨今の少女漫画っぽく エロ要素がきついので、未成年の方はお気をつけください。

posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

『魔法戦隊マジレンジャー』第39話


テレビ朝日系列 11/27放送
特撮『魔法戦隊マジレンジャー』東映公式サイト)から
該当 第39話「あべこべ姉弟〜マジュナ・ジルマ〜」





すごく良かったー。( ´∀`)
前回の予告の段階から声の問題はクリアしていた のは分かっていたけど、他にも相手としての演技や細かな立ち居振る舞いなど文句のつけようがない くらい良く出来てた。
特撮に限らず実写もののドラマではこの入れ替わったことをことさら強調しようと して、お前普段はそんなことしねーだろ的な行動を取ることが多いのだけど、 このエピソードはきちんとキャラクターを保ったまま無理なく話が進んでいてとても良かった。
東映公式サイトによると「「リアリティを追求したほうがいいのか、それとも画面上 分かりやすい方がいいのか・・」等を考えて試行錯誤を繰り返し」た、というから 納得いく話だ。

低年齢層向けの特撮だからあんまし探索系の描写はないだろうと思ってたけど、いやあ ありましたな(笑)。芳香になった魁が自身の胸を触って「あ、ある!…ちょっとある」 って実は冷静に計ってるあたり密かに美味しいポイント(笑)。
戦隊もので入れ替わりを扱ったエピソードとしては、5本目ということになるけど その中でも最も出来が良いと言っていい。前後編である分きっちりと時間かけて 描けているのも良かった。来週の後編もばっちり締めてくれるでしょう。

posted by クロエ at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

『エレメンタルジェレイド』/「リアクトでポン!」


TVアニメ『エレメンタルジェレイド』公式サイト)から
CDドラマ「同契 Re-No:2 DRAMA SIDE」より
該当話 「リアクトでポン!」





主人公のクーとヒロインのレンが入れ替わってしまうお話。この作品はコミック・ アニメともにコミカルな要素多かったけど、このエピソードに関して言えば いわゆるドタバタやエッチな要素を期待すると肩透かしを食うかな。(そういう シーンがないわけじゃないけど)
このエピソードのいいとこは二人が本当に純粋な少年と少女なんで非常に 感情の流れが爽やかなところ。なんかもう聞いてて微笑ましくって (・∀・)ニヤニヤしながら聞いてました。純粋系とでも言えばいいんだろうか。 少々短めだけどこういうのもツボの一つなんで個人的お気に入りなエピソード。
主演の二人(石田彰、高橋美佳子)の演じわけもバッチリ。かなりの 倒錯ものですた。

[この作品の情報は天笠さんからいただきました。ありがとうございました。]

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

『魔法戦隊マジレンジャー』第39話キター


放送直後に話題にしてますが、 来週11/27放送分の『魔法戦隊マジレンジャー』東映公式サイト)が 該当ということで。

あーなんていうか予告を見てた時の不意打ち感がたまらない。で、この後一週間 この事が気になって頭から離れないんですよ(笑)。
ずっと前の雑記で 該当あるんじゃないだろうか?と言ってはみたものの『マジ』自体は大筋となる ストーリーは意外にドラマ性が強くて、あんましドタバタ展開が少なく正直期待できないかなー と思ってたわけですが、いやいや来ましたよコレ。来週本気で楽しみー。

2chスレ


251 :名無しより愛をこめて :2005/11/20(日) 08:04:36 ID:WLMUQ1gY0
あんな年頃の男子高校生がお姉さんと入れ替わったら大変なことになると思うけど。
だめだ妄想で来週まで仕事にならない

375 :名無しより愛をこめて :2005/11/20(日) 13:00:18 ID:i/ldQEFF0
来週はいよいよ入れ替わり話か…。
当然、風呂とか入って「キャー!」とかもありだよな?な?な?


あってほしいよね。

posted by クロエ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝開設!ブログ☆「僕が彼女に着がえたら」


ブログ☆「僕が彼女に着がえたら」が出来たようです。

ブログ開設おめでとうございます。活躍とても楽しみですね。
あとリンクも貼っていただいてどうもです。

posted by クロエ at 16:25| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

『ケロロ軍曹』第85話-A


テレビ東京系列 11/18放送
『ケロロ軍曹』公式サイト
第85話-A「ケロロ ガシャッとまわせばいれかわり であります」





声が例のアレだったこともだけど、想像以上 に行儀の良い話にリメイクされてましたな。
夏美の本来の性格から考えればケロロの分の仕事をほっぽりだして自分の体を捜しに 行ってもおかしくなかった。夏美はケロロとしての役割を果たさなきゃいけない 強制性もなかったので少し説得力に弱い。ケロロになると夏美になった理由が特にない。 原作の部分部分を抜き出して作ったためいまいち話の統一感に欠ける印象。

原作からして敢えて定石を外していくような話の作り方をしていたので、アニメでは 敢えて王道なドタバタコメディに作り直してくれればなあとこっそり期待してたんですが。
いい話はいい話でいいんだけどね。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

韓国ドラマ『不良高校生』



なんかこんな記事を見つけた。

チ・ヒョヌ “女性演技”で型破りなイメージ変身(WoW!Korea)


純粋さが魅力の“チPD”チ・ヒョヌが、純真な女子高生に変身した。

イ・ジンと一緒にSBS<日曜日は楽しい>の<反転ドラマ>に 出演しているチ・ヒョヌは、不良の音楽学校生を演じながら、イ・ジンと 魂が入れ替わることによって女性を演じて見せた。

反転ドラマで純真な優等生役のイ・ジンとぶつかり、転んで 不意にキスをしたあと、2人は魂が入れ替わってしまったまま 過ごすことになる。

(後略)


で、慌てて調べたことをまとめるとこういうことらしい。
韓国SBSテレビでは『日曜日は楽しい』なる人気のバラエティ番組があり、 その中の一コーナー「反転ドラマ」は韓国で人気の俳優と芸能人がそれぞれが ドラマを制作・公開し、ネット投票で優劣を競うというコーナーである。
そして『日曜日は楽しい』第100回目の放送で流された「反転ドラマ」の内一つが 上記の記事でも取り上げられているドラマであり、タイトルを 『不良高校生』という。

あからさまに邦題が付いていることからわかるように 日本でも放送されていたらしく、スカパーCSのKNTVで 見ることが出来た。放送日は記事から類推して今年の10/9と10/12。
もう終わってるじゃん…orz 
「反転ドラマ」で人気俳優が演じているものは一部で映像配信(有料)されているようだが この該当作は対象外のようだ。韓国は以前にも該当作の映画『チェンジ』(日本未公開)を製作して いたこともあるのでこういう作品を生み出せる土壌はあると思うのだけど拾うのは なかなか難しいね。もうちょっと早く気付いてれば…。


posted by クロエ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする