2006年05月31日

『突撃!へっぽこ冒険隊』/第3話「あやしい二人」


富士見書房 月刊ドラゴンマガジン 7月号 [Amazon] 掲載
『突撃!へっぽこ冒険隊』(著者:浜田よしかづ
該当 第3話「あやしい二人」





ちょwwwwwwこれ凄いwwwwww
いやーこれ下手に感想書くとこれから読もうという人の楽しみ奪うことに なりかないです。入れ替わり好きだったら今月のドラマガ買って絶対損はしませんよ!

以下ネタバレにつき反転
単発エピソードものとしては素晴らしい出来! 古代魔法遺跡による 入れ替わりという導入も良いが、お約束なドタバタ、さらに 目隠しイベントあり、探索あり、とすごいことになってます。 もうこれはエッチっていうよりエロスな領域っすなこれ。ひゃっほーい!
男の子と女の子が入れ替わったらどっちが得かっていったらそりゃ 女の子になった男の子だよね、という直球ストレートなロジックが ダイレクトに面白い傑作エピソード。
「お…」っていうからにはアソコなんだろうなあ(笑)。すぐに 戻れなくていいからそれだけは勘弁ってことなんだろう(笑)。 マウナ( ノ∀`)踏んだり蹴ったりカワイソス。


[この作品の情報はちゅんさんからいただきました。ありがとうございました。]

posted by クロエ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

ラジオドラマ『三田村夫妻』


ラジオFM TOKYO ON THE WAY COMEDY 道草より
ラジオドラマ
『三田村夫妻』
5/22〜5/25に渡って放送(全4話)

夫婦である三田村譲と優子。久しぶりに外でディナーをともにする二人だったが、 譲の遅刻から雰囲気が悪くなり日頃のお互いへの不満が爆発してしまう。そんな時、 教会の鐘の音が鳴り響き気がつくと二人は入れ替わっていた。なんとかお互いに 成りすまして生活をする二人だったが…。

FMラジオで放送されたラジオドラマが該当。情報を教えていただいた段階で残念ながら 既に4話中3話が終了してしまっていたのですが、どちらかというと終了前に知ることが 出来たことが大変ラッキーかと。なんとか最終話は聞くことが 出来たのでその部分だけの感想ですが、作品のノリとしては岬兄悟の ショートショートみたいな感じでなかなかいい感じ。西村雅彦・高岡早紀両名とも 個人的に好きな役者さんなので大変満足でした。

まあ問題としてはこの作品の再鑑賞性が皆無ってとこ。ソフト化はおろか 再放送すら期待出来ない。いい作品だけに非常に残念。
それでですね。埋もれさせるのは少々惜しかったので録音出来た4話のみですが、テキストおこしを やってみました。雰囲気くらいは伝わるのではないかと思います。
↓のリンクからどうぞ。

『三田村夫妻』最終話「・・・・・そして二年後」


[この作品の情報は匿名希望さんみのむーさんからいただきました。ありがとうございました。]

posted by クロエ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『三田村夫妻』最終話「・・・・・そして二年後」


『三田村夫妻』はFMラジオで2006年5/22〜5/25に放送された作品です。 個人的にはとても楽しめた作品でした。しかし、ソフト化は おろか再放送も期待できないため、再鑑賞はほぼ見込めない状況です。 最終話のみですがテキストおこしを行いました。
雰囲気だけでも伝われば幸いです。


『三田村夫妻』
最終話「・・・・・そして二年後」

続きを読む

posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

『ぼくのご主人様!?』第2巻


富士見ミステリー文庫
『ぼくのご主人様!?』(著者:鷹野祐希
第2巻




今回は吉朗たちの入れ替わり先輩格であった千尋が主人公。…なのだがこの人物の適応力の高さに 加えて、入れ替わって既に三年も経ってることもありこの状況に慣れまくっていて変身譚としての 面白みは弱い。そこらへん遡って入れ替わった場面から描いてくれるかとほのかに期待してたけど そういうわけではなかった。そういう部分を除いてしまうとこれ単なる明治時代風の華族様のお話で しかなかったり。

今回二つの世界をリンクする要素であった「和算」と「諒子と諒悟」。和算の解法がどうこうという話は 少々読者を置いてけぼり気味で、それが解かったからどうしたという感が…。吉朗たちの場合と違って 異世界の相手に恋してしまったというのは面白かったのだけど、ああいう「うほっ」な展開やって しまうのは少々ツラいものがあったかもね…。基本的には好きなシリーズなので次は諒子と諒悟の 入れ替わりあたりで一つ。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

『かいわれっ!』体験版


アダルトPCゲーム
『かいわれっ!』公式サイト
公式サイトにて体験版配布開始




本作の体験版が公開されたということでプレイ。感想は素晴らしすぎるの一言。
入れ替わりというテーマをメインに扱ったゲームということでは今まで『Remember11』や『肉体転移』と いうタイトルがあって、それはそれで良かったのだけど、それらは真の意味で入れ替わりをメインにしてると 言えない部分がありまして。 個人的には入れ替わりというテーマはそれだけで十分作品を作り上げられる要素だと思っている で、いつかはそういう作品が出てほしいと待望してて、あー遂にそれがに来たのだなと。

ストーリー展開は自分の理想とするものをほぼ体現しており、正直文句をつける 要素が見つからない。体験版なので途中までだがプロデューサー の黒川氏の日記には 各声優さんが4キャラ分の演技を収録したとあって、これからさらなる展開に期待せずにはいられないっす。 個人的にはストーリーが分岐していく上で入れ替わり系のあらゆるオチを網羅してほしいなーとか 思ってます。

あと某所で指摘されてて気付いたのだけど、この作品のタイトル『かいわれっ!』は「いれかわ」り のアナグラム(文字のいれかえ)になっていると。最初はなんでこのタイトルなんだ?と 首を捻ったけど、実際は直球ストレートのタイトルで二重の入れ替わりを意味させるという なんとも洒落た代物だと分かり好きになりましたわー。自分の中ではすでに殿堂入り認定 してるくらいで、もうこのゲームやらずには死ねない感じです。発売楽しみー。


posted by クロエ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする