2006年07月29日

『かいわれっ!』感想など


というわけでかいわれかいわれ。


越中・百合川の入れ替わりです


一通りプレイ終わりましたので感想など。
ゲームとしてみた場合、選択肢はあってないようなものなので、すべての ストーリーを見ることは容易です。内容面では入れ替わりを 扱った商業作品としては今まで見られなかった要素をいくつも持っており、 個人的には非常に満足です。話の主軸が入れ替わりから離れなかったこと などを見てもよくぞここまでやったなあと思います。

入れ替わりものって世間ではよくあるネタと言われるけど、実はそんなに じっくり掘り下げられたテーマでもないんですよ。はっきり言えば商業作品では 『転校生』で描かれた王道展開からほとんど発展がない。もっと突き詰めれば まだまだ違った面を描けるはずなんです。そういう点でいえばこの『かいわれっ!』 はその点王道から随分発展させたところにあり、随分感心させられました。

いくつかあるエンディングもそれぞれに魅力があり、せっかくなんでエンディングを 今後それぞれ取り上げてみようかなーと思います。ちなみにどのエンディングも 体験版ロングバージョンにまであったところまでは共通ルートです。

以下はネタバレにつき反転

取った選択肢によって入れ替わりという現象の位置づけが変わるなど、 なかなか凝った構成をしてます。どのルートにしてもそうですが、入れ替わり というものを、これはこれでありではないかという考えが出てくるのは商業作品と しては白眉であったと思います。
エンディングは大まかに分けて7種類。王道らしくきちんとまとめたものも あれば、少々首をひねるようなものもあり、また結構意外なところに話が 進んだものもありました。

TSF関係者の感想で「期待はずれ」という声が多いのは、それはこの作品へ対する 認識の問題ですね。この作品はTSFの流れを汲んで作られてるわけでなく、 青春もののゲームにたまたま“入れ替わり”という素材が選ばれたに過ぎない のは明白でした。例えば、入れ替わったまま終わってしまうというTSエンドは 世間一般では倒錯オチという異質なものであるわけですからね。そういう面を 期待するのがそもそも厳しかったと思います。なくて当たり前、あってほしいけど ないだろうと。

だから自分的には最初からこの作品に対しては、青春群像物と入れ替わりという テーマを如何に上手く絡ませられて描写出来るのか、が焦点でした。その点 非常に満足しましたね。まったく不満点がないかといえばそうでもないですが、 ここまでやってくれたものに対してそれは贅沢というものですね。そういや パソコンパラダイス誌8月号に出てきた入れ替わりの組み合わせってなかったなあ…。


posted by クロエ at 06:10| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

『かいわれっ!』キタ━(゚∀゚)━!!





キタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!!!!

posted by クロエ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

『かいわれっ!』体験版ロングバージョン


アダルトPCゲーム
『かいわれっ!』公式サイト
7/28 発売 




今までトップページではアダルト作品は扱わない趣旨が実はあったのですが、この 作品に関してはここまで直球ストレートなものを扱わないというのはサイトの看板に 偽りありレベルなのでバリバリ扱っていこうかと。というかなにより私自身がすげー 楽しみでたまらないタイトルです。発売前にして個人的殿堂入りタイトル。

昨日、体験版第二段公開ということで早速プレイ。わりかし早めに消化して ぶっ通しで2時間分くらいかな。選択肢も出てくるには出てきたけど、こういうのは もうゲームっていうより読み物ですな。それはさておき内容は大変満足。 主人公たちの一通りの入れ替わりパターンを網羅するというところまでやっており 体験版でここまで見せてしまっていいのだろうか、という余計な心配までしてしまった。

優真視点で話が進んでいきキャラ的には凛との入れ替わりが一番美味しいかと思っていた のだが、しばもーとの入れ替わりはかなりギャップがあり中の人の演技力も相まって かなり美味しかった。思っていたより登場人物たちはこの入れ替わりという事象に 対してマイペースなのだけど、それは単なる一発アイデアで終わらせようとしない姿勢と 言えます。現時点でも語りたいことはかなりあるですが、製品版が出て一回でも クリアしてからの話ですなそれは。

公式サイトはこの2ヶ月くらい毎日壁紙を用意したり大きく宣伝したりとかなり力を入れていて スタッフの気合が感じられまする。発売が本気で楽しみっす。 そういやそうと公式サイトの「いれかわりサンプルボイス」のコーナーで百合川真冬まで 入れ替わりに巻き込まれることがわかっちゃうんですがいいんですかねこれ。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

『帰ってきてスネさん』はパクリ?


韓国ドラマの 『帰ってきてスネさん』公式サイト)と いうのを先日の雑記で取り上げた。
実際7/12から放送始まっているらしいのだが、韓国のテレビなんか当然見れないんで、 首を長くして待つしかない。と思ってたらこんな話が出てきてしまった。

『帰ってきてスンエさん』日本ドラマ盗作?

入れ替わりの描写がクドカンが手がけた『ぼくの魔法使い』の1シーンに似てないか?ということで 論争が起きてるらしい。ていうか韓国でも『ぼくの魔法使い』見れるのか…。それはさておき これは十分許容範囲だと思うけどね。 見てないからハッキリとは言えないけど、入れ替わり発生のシチュエーションは全然違うし、 画像のように脳みそがビビビとくる映像だって『僕の魔法使い』だけが使ってるわけじゃない。 (『"Q版"陰陽錯』も確かそう)

知ってる人は知っている韓国の悪い癖に対して珍しく韓国人の自浄作用が働いたとも取れるかな。 はっきりいってそんなん気にするなと言いたい。ぶっちゃけまったく同じ素材 だったとしても演じる人が違えば違った味わいの作品なのだから。 (韓国映画『チェンジ』がいい例だ) 自分がこの件で一番心配しているのは、 このことが日本に入ってくる際の障害にならなければよいのだが…、ということだ。

posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

『Doする!?パラダイス』より『女の子のキモチ』


講談社 コミックボンボン 8月号 [Amazon] 掲載
『Doする!? パラダイス』(著者:玉越博幸
該当 第8話「女の子のキモチ」





キタ━━(゚∀゚)━━ !! いやいやいやこれは素晴らしい!
玉越博幸といえばTSFファン的には『ガチャガチャ』ということになるんだろうけど、 個人的には週刊少年マガジンに連載されていた『BOYS BE…』の方が印象深く 、この作品自体同じこと(オムニバス形式で男の子と女の子の恋模様を描く)をやってる 代物。入れ替わりものとして見たとき、用意されている設定は超がつくほど王道なんだけど、 それを『BOYS BE…』文法で描いているのが今回のエピソードである。

普通の王道ものといえば入れ替わった二人の悲喜こもごもが描かれるものだけど、 これはビックリするぐらい女の子になった男の子の場面しか出てこない(笑)。 よく少女漫画で該当があった場合、男の子になった女の子ばかりが描かれることがあるけど、 これはまさしくその真逆。ボンボン掲載ということはそれなりに低年齢層向けなはずなのだが、 探索あり・女子更衣室の着替えイベントありと、物心つくかつかないかのいたいけな少年を 入れ替わり萌えに目覚めさせるだけの破壊力は十分にある(笑)。

また王道ものに描かれる女の子といえば、良くいえば素朴、悪く言えばダサめの 女の子が多かったものだが、この作品だとミニスカニーソの絶対領域を持つツンデレ委員長キャラだ。 まったくいい時代になったもんです。終盤に判明するその女の子は実は主人公のことが 好きだったというのは『BOYS BE…』からあるご都合主義的展開だけど、その重要な告白 イベントを入れ替わりシチュでやったというのは実は結構新鮮。その5ページにも渡る 告白の駆け引きは名シーンですわー。

いい意味で湿っぽくなる要素を感じさせないようによくまとまっており、王道ものとして ちょっとエッチでノスタルジックに仕上げた傑作でしょうこれは。個人的に殿堂入りしていいかと思いますね。

posted by クロエ at 13:32| Comment(3) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

『帰ってきてスネさん』


『帰ってきてスネさん』

…といっても別に肝付兼太にスネ夫役に復活してほしいとかそういう話ではない。 なんでもここの記事に よると、韓国で始まるこのタイトルのドラマが入れ替わり作品らしい。
40歳の主婦と20代の美人スチュワーデスの魂が入れ替わり起こる事件を描いたコメディードラマ、とのこと。 こういうギャップがあるのはなかなか良いです。この二人は話の中ではある男の妻と浮気相手という関係だそうで、 何気に今までありそうでなかった設定な気がしますな。さらに容姿的に明確に損得が発生していて(失礼?) なかなかグッド。





良いか悪いかはさておき韓国ものは最近では結構日本に入ってきやすい環境になって きているようなので、CSなりビデオなりで日本で見れるようになることを期待したいっすな。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 実写作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

『僕と彼女の×××』第32話


マッグガーデン 月刊コミックブレイド 8月号 [Amazon] 掲載
『僕と彼女の×××』(著者:森永あい)
第32話


この後、悶えます


千本木とのドキドキデート編完結。あきらは貞操の危機を迎えつつも桃井じいさんが 乱入し、しっちゃめっちゃになるというかなり無理矢理感漂うエピソード(笑)。 場面によってじいさんが邪魔になったり、必要になったりする駆け引きにも似た感覚は 結構面白い。また女の子らしい感情に芽生えて悶えるあきらというのは良いのだけど、 今回のオチしかりやおい絡みのネタが最近多いね。まあそれをちゃんとギャグとして 扱ってるから非常にバランスは取れてるけど。

posted by クロエ at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。