2007年08月28日

『AKUMAで少女』


HJ文庫
『AKUMAで少女』(著者:わかつきひかる
[Amazon]




ライトノベルという形式においてはここまで入れ替わりというものをメインに据えた 作品は珍しい。『先輩とぼく』などでは入れ替わりはあくまでキャラクターの 属性程度の扱いに過ぎなかったわけだから、個人的に随分鬱憤は晴れた(笑)。 内容自体は幼なじみ同士で入れ替わったことによって両思いになっていく、 というなんら新しくはないものだけど、非常に今の流行りの傾向が取り入れられていて かつ少年漫画的で非常に読みやすい。

著者のわかつきひかる氏はポルノ小説家だということだが、この話の中で出てくる 犯すレイプといった言葉や作中で出てくるレズ行為などは、 今の世の中では(※あくまでフィクション・ネタとして)そんなに抵抗は少なく 受け入れられてたりするわけで。そういう要素が入ったものがライトノベルで普通に 出ちゃうという、その傾向がいいか悪いかはさておき、そういう時代の空気が 入ってるのは割と重要かなあと思う。『おれがあいつであいつがおれで』を 今書くとこうなる、と言える作品である。

posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。