2009年06月28日

『男子ingガール』第2話


6/20 発売
花とゆめ 14号 掲載
『男子ingガール』(著者:岡田ハルキ
第2話

先日の柚原翔太との入れ替わり事件から一ヶ月が経ち、男が苦手な花凛が話せるように なった久我悠人と久しぶりに会うことになった。待ち合わせの場所にいた久我と柚原に 挨拶しようとした時、つまづいてしまい柚原と頭をぶつけ2人は再度入れ替わってしまった。 その場に現れた死神の田中によると以前の入れ替わりがきっかけで、2人は入れ替わりが 起きやすい体質になってしまったのだという。仕方がなくまた入れ替わり生活する ことになってしまったのだが…。




1話目は雑記で扱ってなかったのだけど、2話目でグッと良くなっていたので。 特に上の画像などは入れ替わりものの定番である入れ替わった直後 の「おかしくなってしまった2人」の絵なんだけど、ベタなんだけどそのベタさが いいわけでありますよ。良くなったと言ったけど何をもって良いかといえば 割とそういうところで、1話目は入れ替わったというより男になった女の子分が 多かったんだけど、今回はきっちり入れ替わった人物同士の絡みとかが描かれて いるので大変満足。

構造的にはユズが男の子体験をさせるために体を貸してあげてるような感じに なっていて、ユズ自体は花凛の恋愛対象になってこないのがちょっと変わってるかな。 ネット上での感想を読んだりするとよく女性の人は一般的な異性間の入れ替わりもの に対してあまり性的な要素を出されると嫌悪感を覚えたりというのがあるっぽい のだけど、ユズの性格が楽観的でお調子ものに設定されているのもそこのところを 意識しているんだと思う。ユズはそういう意味でイヤな印象を抱かないキャラに 仕上がっている。

この物語は結構色々転がせそうだし、実際作者の方もブログでユズ目線話という 構想もあるようなので色々期待したいところなんだけど、(そうなるとタイトルは『女子ingボーイ』に なるんだろうか(笑))そうなると田中の言った「普通は別の体に入ったら魂が消える」という 設定はちょっと縛りがキツいかも…。花凛と久我の入れ替わりも見てみたいなあとか 思ったり。さらなる続編に期待したいと思います。

posted by クロエ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

『僕と彼女の×××』第49話


月刊コミックブレイド アヴァルス 7月号 [Amazon] 掲載
『僕と彼女の×××(ぺけみっつ)』(著者:森永あい)
第49話

ついに入れ替わりの機械が完成した。あきらの体の菜々子をどうやって連れて来るかが 問題だったが、菜々子母の食事の誘いであっさり連れ出すことに成功。食事に含ませた ラム酒で眠らせることが出来た。一方、あきらは菜々子の体で最後のバイトへ。 一緒にバイトをしている椎名からあきらになった菜々子への想いを聞いてしまう。 いたたまれなくなったあきらは椎名に謝罪するのだが、そこに千本木が現れ様子が おかしいことを問い詰めるのだった。





菜々子を連れてくるのは苦労しそうだなあ…と思ってたらあまりにあっさりそこのとこは 解決してしまったのでびっくりというか拍子抜けというか。まあでも展開としては こっちのほうが好みかな。あきらと千本木の電話でのあきらの心ここにあらずというのを ちゃんと絵で見せてるのは上手い。基本的にあきらはこういうことを上手くごまかす ことの出来ない人なので。それは椎名に対してもそうなので謝ってしまうというのは よくわかる。

ただ普通に元に戻るだけじゃつまらんなあとは思ってたけど、千本木の登場は予想以上に 効果的で面白くなってきた。ここで機械が完成したことを言っちゃうのか、あきらが秘密裏に 進めてきたことを知ったら千本木はどういう行動を取るのか。下手にごまかすと余計に 話がこじれそうで面白そう。大体、菜々子・千本木・椎名という重要人物たちに隠したままで こっそり元に戻るというよりかは、8年も連載している作品のクライマックス(?)なんだから この際徹底的に話に絡んでほしい。

posted by クロエ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

『逆転ハニー』第2話


LaLaDX 2009年7月号 [Amazon] 掲載
『逆転ハニー』(著者:時計野はり)
第2話

健吾と蜜香が入れ替わってしまう事件があって数日後、目が覚めると二人は何故かまた入れ替わってしまっていた。 また亀の神様のせいに違いないと思った二人は入れ替わりに混乱しつつ(主に健吾が)学校へ行き、また亀の神様を 探しに向かう。学校へ行った二人は普段と違う魅力がありお互いに周りのみんなにモテモテ状態に。習志野に話を聞くと 前回の逆転した状態の二人にみんながまた会いたいと願ったのだという。そして出会った亀の神様はその願いを 聞き入れ再度二人を入れ替えてしまったのだ。新たに神様は健吾に「もし今日暴力を振るわなかったら元に戻す。 ただし、振るったら二人は一生そのままだ」と告げるのだった。





なんだよこれ…良すぎるだろ…。
読んでて萌えすぎて血を吐いて死にそうになった。
展開が自分の好みということが大きいけど、少女漫画の該当作品でこんなに好きになった 作品は今までないってばよ。健吾と蜜香の二人が好きすぎてたまんねえ。

まあそれはさておき、入れ替わりというテーマとストーリーのバランスが 上手く取れていてものすごく良い。入れ替わりというものがどう起きて どう元に戻るかっていうのは作者という神様が決めることなので、そこを どう設定するかで話の面白さ・良さが決まるといってもいいのだけど、元に戻る ための方法をキスに設定してあるのがラブコメらしい良いチョイス。そりゃ 戻るためだと割り切ってもそう簡単にできないじゃないですか(笑)

蜜香のほうはまさに天然という紹介がぴったり合うように入れ替わった状況も そんなに重く考えていなくて、そうこうしてるうちにむしろ健吾の方の あんまり表に出してなかった感情みたいなものが燻りだされていくという 図式に。自分の感覚では入れ替わりっていうシチュエーションはそんな躍起に なって乗り越える類の障害じゃなくて、こと二人の間では健吾的感覚でいうと 「恥ずかしい事態」。そしてその困惑を体で表現する健吾。もう 素晴らしいったらない。


色々苦闘した挙句の選択です


それに入れ替わった二人の関係性が他の作品にはあんまりないものに なっていると思うわけですよ! 他の作品だと入れ替わり自体が対象の人間同士の 関係の変化のきっかけになることが多いんだけど、この作品では(もちろんそういう 要素もあるが)基本的に二人は両思い。この両思いの二人が入れ替わってしまう 作品は実は案外見当たらない。多分この二人って素の設定だけで普通のラブコメ できるくらいいい素材なんだけど、そんな二人を入れ替えたって部分がいい化学反応 起こしてるように思う。

そしてこの第2話だと健吾は「俺が蜜香を守ってやる」的なことを言ってるわけだけど、 神様との賭けとして出した障害はまさに絶妙で、蜜香を大切に思ってるからどちらの 選択も取れないという状況になって、最終的に第1話で蜜香が言っていた「いつも私が 守って貰う立場だからこれで立場が逆転して私がケンちゃんを守られたらいいなって」的な 展開になっていて、爆萌えして昇天しかかった。 今回はどの場面を切り取っても いいといえる素晴らしい出来。生きてて良かった…。

かなり興奮しながら書いてるから文章が色々おかしくなってる気がするけど、 それぐらい良かったということで。おまけに次のLaLaスペシャルにさらに 続編が掲載されるとか。そんなん見たら俺どうなっちゃうんだろ。

posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

『恋するバカもの』


5/25 発売
マーガレットコミックス『7コール』 [Amazon] 収録
『恋するバカもの』(著者:広瀬なつめ)

イマドキの女子高生のまおりは同じ学校の明るくて爽やかな新之輔に憬れていた。しかし そんなまおりの視界には何故かいつも柄の悪い成田宇多丸の姿が。後日新之輔に告白することを 決めたまおりだったが、その前に現れたのは告白をやめさせようとしている宇多丸だった。 そしてたまたま2人の唇が触れた瞬間何故か入れ替わってしまう。まおりに何故邪魔ばかり するのかと問われた宇多丸は「新之輔が好きなんだ」と答えるのだった。





描かれるキャラクターが少女漫画でも所謂マンガっぽいキャラじゃなくて今時の女子高生っぽい 感じなのが良いなあ。女性の作家さんはよく男の友情と恋愛感情を同質のものとして捉える ようなことを聞くけど、この作品ではまさにそういう描写になっていて、完全に新之輔を巡る 三角関係になってしまっている。この手の展開だと憧れで遠い存在より憎まれ口を叩けるような 近い存在の相手のほうが良かった的な展開になりがちなんだけど、あくまでまおりが好きなのは新之輔 という部分は変わらないのもいい。

また全体的にいい意味で入れ替わりものの定石の外しっぷりが結構面白い。 男になった女側を簀巻きにしたり、友人とはいえ自分から女の立場でデートに 行こうとするとかなかなか珍しい。著者がそういうものをどこまで意識してるかは 量りかねるが、入れ替わった状態でのデートの描写は普通に萌えるものが あるんじゃなかろうか。あくまで少女漫画のそれなので探索描写とかを期待すると 肩透かしを食うけど、話としては恋愛よりドタバタ寄りなので結構好きかな。

posted by クロエ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

『ないしょのつぼみ』(第6期)/第4話


小学館 小学五年生 7月号 [Amazon] 掲載
『ないしょのつぼみ』(第6期)(著者:やぶうち優
第4話

今回はつぼみが初ブラする話。





この作品には大体大きく3つの要素がある。
・つぼみの恋愛
・性の目覚め
・入れ替わり
どれもそれ一つだけでメインテーマを張れるだけの魅力があるものだ。 問題なのはこの作品がそれ全部を一気に消化しようとしていること。 しかも1話16ページという制限の中である程度の起承転結もつけないといけない。 これは大変難しい…というか正直上手くいってない気がする。

入れ替わりという設定があんまり活かされてないっていうか、むしろ入れ替わりの 設定が作品全体の足引っ張ってるように感じる。つぼみの思春期の性の目覚めの 描写で想定読者であろう小学五年生女子に共感してもらいたい部分なのだが、 入れ替わりが発生するとそこまでの流れが阻害されてしまう。男の子が 入れ替わってそういうことを体験することになるわけだけど、それが単なる ハプニングでしかなく、それがあったからどうしたという部分がない。

例えば天空が女の子に理解がなく、つぼみと同じくらい積極的な性格な男の子であれば、 文字通り女の子を身を持って体験することで溝が埋まっていくといった流れが 出来たかもしれない。が、今のところひたすら受身でどうにも存在感がない。 すぐに元に戻ることが出来るっていう縛りの少なさもあってかつぼみも この入れ替わりをあんまり深刻に受け止めていないように見える。 この第6期では入れ替わりというものが今までのシリーズと大きく差別化する 要素だったはずなのでもうちょっとその辺を活かしてもらいたいんだけど…。


 

posted by クロエ at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする