2009年07月20日

『オレンジチョコレート』第1巻


別冊 花とゆめ で連載中
『オレンジチョコレート』(著者:山田南平)
単行本 第1巻 [Amazon]




なんとなくタイミングを逃しまくっていたので1巻発売という節目っつーことで 今更感想など。というのも連載されているこの作品を読んでいてなんか感想が書きにくい…と なんとなく思ったのがありまして。自分の中でもそこのとこが上手く説明できないで いるもどかしい状況だったりです。いや描きたいことはよく分かるんですよ。 ちろはまるで美人の女性みたいな律の外見や舞踊をこなせる振る舞いにあこがれていて、 律は根っこの部分で女性になりきれていないからちろに学ぶべきことがあると 思っている。そんな二人が入れ替わる物語。

書きにくい理由をなんとか捻って考えてみると、それは入れ替わりのお約束イベント(特にちろになった律)が あんまりないっていう単純な話じゃなくて、恐らく各キャラが立ちすぎていることや、 入れ替わりという事態でのドタバタより、入れ替わったことでこなすべきこと(舞踊を踊ることとか)を どうこなすかの方へ意識がすぐ行ってしまうこと。そこらへんの影響で読者側の意識の フックが引っかからないままどんどん話が展開しちゃうような印象を覚えるんじゃ ないかと。

自分は少女漫画もそこそこに読むけど、たまに感じる“作品に入り込めない感覚”を この作品に感じてるわけで。しかしこれはこれでちゃんと一通り筋は通ってる 話にはなっているし、文句を言うほどのレベルの話でもないんで、だから感想が 書きにくいという感じに落ち着くわけですよ。
まあ本編ではちょっと入れ替わりという部分で新展開がありそうなので、感想が 書きたいーと思える展開を期待です。

posted by クロエ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

『逆転ハニー』第3話


7/10(金) 発売
LaLa スペシャル 8月号 [Amazon] 掲載
『逆転ハニー』(著者:時計野はり)
第3話

また神様に入れ替えられてしまっている健吾と蜜香。またキスで戻ろうとした時、蜜香の 中学以来の友人である白石皐(さつき)がその行動を阻み、そして健吾の姿の蜜香に 対してもう蜜香に近づけさせないと言い放ったのだ。そして元に戻れないまま健吾は皐と 過ごすことに。合間を縫って蜜香と接触できた健吾だったが、何故か蜜香に元に戻ることを 拒否されてしまう。そして翌日、健吾は蜜香が皐と剣道の勝負を挑んだという話を聞き その場所に駆けつけるのだが。





今回も良いです。キュンキュンきます。
新キャラの皐が今回の話の鍵になってくるわけだけど、健吾の視点では皐は面倒くさい人物で この状況をどうやってごまかすかとしか考えられてないのに、蜜香視点では あくまで正面からこの事態(健吾が蜜香にまとわりついている悪い男として 捉えられていること)を対処するかを考えてる。こういう芯がある部分と 入れ替わりもののお約束とのドタバタのバランスが絶妙で素晴らしい。

あとこれはあんまり他にないんだけど、元に戻ろうという男の子側の提案を女の子側から 拒否されるシチュエーションて好きだなあ(どんなだよ)。少なくともこの作品では 普段の時は健吾の方がリードしてるけど、この入れ替わった時の対処に優位に立てて いるのは蜜香の方(本人は意識してないだろうけど)の形になってしまうという図式が あるわけで。タイトルの「逆転」は単なる体の入れ替わりじゃなくてそこにも かかってると思うわけですよ。

とりあえず作品の命題として健吾が孤独を脱して周りと接していけるように なるか(こう書くとなんか重いが)とか、健吾が蜜香とちゃんと付き合える ようになるか、といった部分がまだ落としどころを迎えずに残っているので、 まだまだ作品続けていけると思います。新キャラの皐も単なる融通の利かない だけのキャラにはなっていなくてかわいいなあと思うし、さらなる続編に 期待ですよですよ。

posted by クロエ at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。