2009年01月18日

鏡原れぼりゅーしょん


一迅社 一迅社文庫
『鏡原れぼりゅーしょん』 [Amazon]
著者:林直孝




高校生男女三人によって起きる入れ替わりライトノベル。所謂ライトノベル読みの感想を ネットで読むとあまり評判は良くないのだけど、自分の中ではすっげー良かった。 ライトノベルで入れ替わりを扱ったものはそれなりにあるのだけど、案外ちゃんと 「入れ替わり」をやってくれてるのは少ない。どこか小難しい主題を別に用意して 入れ替わりの面白さが薄められてしまう。良くも悪くももっと馬鹿らしくていいのになー と思った。この作品のように。

周りの舞台設定も一見シリアスな素材を用意しているようでいて、実は 単なるダジャレだったりと肩透かしを食わせることが多く、まあこれは読んでると 分かるのだが要するに主人公がヒロインの姿でずっとドギマギしている様子こそが 描きたいのだ!という潔さの現れなのだ。『女の子のキモチ』にも 通ずる、余計な要素は適当でいいんだよ感と言ってもいい(笑)。

作品的にも万が一続いたことを考えて敢えて未消化要素を残しているようだし、 是非続編を期待したいところ。

 



posted by クロエ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。