2009年07月20日

『オレンジチョコレート』第1巻


別冊 花とゆめ で連載中
『オレンジチョコレート』(著者:山田南平)
単行本 第1巻 [Amazon]




なんとなくタイミングを逃しまくっていたので1巻発売という節目っつーことで 今更感想など。というのも連載されているこの作品を読んでいてなんか感想が書きにくい…と なんとなく思ったのがありまして。自分の中でもそこのとこが上手く説明できないで いるもどかしい状況だったりです。いや描きたいことはよく分かるんですよ。 ちろはまるで美人の女性みたいな律の外見や舞踊をこなせる振る舞いにあこがれていて、 律は根っこの部分で女性になりきれていないからちろに学ぶべきことがあると 思っている。そんな二人が入れ替わる物語。

書きにくい理由をなんとか捻って考えてみると、それは入れ替わりのお約束イベント(特にちろになった律)が あんまりないっていう単純な話じゃなくて、恐らく各キャラが立ちすぎていることや、 入れ替わりという事態でのドタバタより、入れ替わったことでこなすべきこと(舞踊を踊ることとか)を どうこなすかの方へ意識がすぐ行ってしまうこと。そこらへんの影響で読者側の意識の フックが引っかからないままどんどん話が展開しちゃうような印象を覚えるんじゃ ないかと。

自分は少女漫画もそこそこに読むけど、たまに感じる“作品に入り込めない感覚”を この作品に感じてるわけで。しかしこれはこれでちゃんと一通り筋は通ってる 話にはなっているし、文句を言うほどのレベルの話でもないんで、だから感想が 書きにくいという感じに落ち着くわけですよ。
まあ本編ではちょっと入れ替わりという部分で新展開がありそうなので、感想が 書きたいーと思える展開を期待です。



posted by クロエ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。