2009年10月04日

『瞬間・交換・大コンラン!』


先日それらしき単語で検索していたところ不覚にも立原ほたる先生が該当作品を 描いていたことを知りました。なんと1年半前…で連載作品。
ちゃんとそのことはブログにも書かれており、

ネームのめどがついた〜^^;
次回作予告
入れ替わりネタ5作目
瞬間・交換・大コンラン
瞬間・交換・大コンラン!Scene2―入れ替わり生活―
瞬間・交換・大コンラン!Scene3―女どうし―
瞬間・交換・大コンラン!Scene4―本妻―
連載終わった〜

以前大変お世話になったのにサインを見逃すなんて。そのことを知ってから とりあえず動いてみてなんとか1話と3話を入手できましたのでレビューなどを。





集英社 YOU 2008年4号から9号まで掲載
『瞬間・交換・大コンラン!』(著者:立原ほたる
全6話

片山佳代子は結婚し子供も一男一女にも恵まれ平凡な専業主婦の生活を送っていた。しかし幸せなはず なのだがどこか満たされない日々。マンションの隣の部屋に住んでいる派手な服を着ていつも 酔っ払ってばかりいる百瀬ゆかりはなんと旦那の会社の社長の愛人だった。そんなある日 買い物の帰りにゆかりと一緒になった佳代子は帰り道にある研究所から出てきた謎の博士が 持つ器械の端末を当てられてしまう。その器械は端末を当てた生物の精神が入れ替わってしまう 器械だったのだ。器械が直る一週間後まで2人はお互いの生活を送ることになった。

主婦と愛人が入れ替わると聞いた時は近いテーマである『COME BACK!スネさん』が浮かんでしまったのだけど 読んでみると描こうとしているものは明確に異なっている。『スネさん』の場合、妻と愛人という立場、 20代と40代という年齢差などをドタバタを交えながら描いた作品だった。この作品『瞬間〜』は立場の交換は あまり重要でなく、主婦と女というかなり等身大の女性の悩みがメインになっている。ハッキリ言ってしまうと セックスの悩みである。

それは大半の物語ではかなり大きくて様々な意味を持つけれど、家庭を持つ専業主婦という ごくごく普通の人にとってそれは生活の営みの一部なのである。佳代子はセックスレスに近い状況に なっていて生活にも張りを失っている、そんな状況で起きたこの入れ替わりはそれらを見つめなおす 機会になっていく。掲載誌が女性誌ってこともあるけどこういう形で入れ替わりものを描く 多様性がある日本すげーっつーか。今まで4本も入れ替わりもの描いてきたほたる先生流石というか。





入手できた話を読むだけでも話・画力のレベルが高く、3話では入れ替わりものでは 定番の立場を揺さぶる展開ありと非常に続きが気になる感じ。
女性誌掲載作品はかなりの確立で単行本化されないのでちょっと作品を見るのが 厳しいかもしれないんだけど、昨年の作品なので頑張ればまだなんとかなると 思われるので興味ある方は掲載誌を探してみてください。



posted by クロエ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。