2009年10月18日

『僕と彼女の×××』第51話


月刊コミックブレイド アヴァルス 11月号 [Amazon] 発売
『僕と彼女の×××』(著者:森永あい)
第51話

遂にあきらと菜々子が元に戻るためのいれかえクンのボタンが押されてしまったが、 菜々子の父親と千本木によって止められてしまう。二人は元に戻ることは なかったが、あきらは菜々子父に元に戻ることをあきらめるように諭されてしまう のだった。菜々子にとってもあきらにとっても今の状態がきっと幸せになれる だろうと。とりあえず機械に巻き込まれ小さくなった菜々子父を戻そうとしたのだが、 菜々子父はさらに小さくなってしまって。





50話の衝撃の引きからちょっと読むのが怖かった第51話だけど、 とりあえずカオス展開じゃなくて良かったなと(笑)。やろうと 思えばあの部屋にいる全員入れ替わりとか、全員融合とか、なんでもありっちゃ ありだったし、偏見かもしれないけど森永あいという作家だったらやりそうだった。 今回は機械も最終的に壊れたこともあって元に戻らないという 舵取りをしちゃったわけで、これはこれで良い展開だと思います。

今まで周りの皆はなんとなく「入れ替わったままでいいじゃん」という流れだった わけだけど、菜々子父はかなり真面目に考えてもそれがお互いにいいこと なんだという考えに至ったというのはきちんと筋が通ってると思うですよ。 その後あきらは言い返すけど、その発言は当初抱いていた菜々子に抱いていた 感情であり、初めての菜々子への告白(かなり遠まわしだけど)であり、 ある意味元に戻るための最後の心の拠り所でもあったわけですが、それは 違うんじゃない?と菜々子父に諭されるんですな。





菜々子父はあきら側の気持ちを考えられる人だからこの発言はより重いです。 あきらの菜々子への思いも告白(と自分は解釈してるけど)が全然伝わらなかった ということで一応決着を見たと思う。物理的にも戻れなくなり、周りは誰も この状況に反対していない状況になった。そうなると残るのは前の雑記にも 書いたけど、「あきらはどうするのか」という点ですよね。なし崩し的に よりかは、心の整理をした上でしっかりとこの状況を受け入れてくれる流れが いいかなーと。
次回の大増ページ…最終回?



posted by クロエ at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してます。
毎回、クロエさんの書評楽しみにしています☆

ホント、カオスだけは回避されてホッとしました(^^)
それにしても、今回は驚きの展開でしたね。
まさか桃井父が機械にかかるとはまったく想像がつきませんでした。あきらの告白?もありましたし。

私は次回から千本木 vs 桃井父となるんじゃないかと。。つまり、あきら争奪戦です。(なぜ父が参戦するかは、ウチの制限ページで書いてます(^^;)
その序章としての大増ページではないかと思いましたが、果たしてどうなることやら。。。
とにかく、目指せ連載10周年とかね(^^;;

ではでは、おじゃましました(^^)/
Posted by もえじろ at 2009年10月20日 23:55
もえじろさん、こんにちわ

菜々子父のマイクロ化はまあギャグパートですねw
機械壊れたしどうすんだろw

>私は次回から千本木 vs 桃井父となるんじゃないかと
どうなんですかねそこらへん。
まあ細かいとこはいっぱいあるんですけど、とりあえず
最重要である入れ替わり問題に関して解答を出したってとこで
そこから先細かくはまだ考えてないような状態だと思います。

>大増ページ
これ以上続けるとしたら思いっきり新キャラ投入とかして
今までの構図を引っ掻き回す必要があると思います。

正直最終回が鉄板だと思うんですけど、それは予想ってだけ
じゃなくて、いい締め時じゃないかなーとも思うんですよね。
終わるのは寂しいけど、これ以上続けるのも…というところです。
まあ次号を楽しみに待ちましょう。
Posted by クロエ at 2009年10月25日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。