2006年03月06日

『僕と彼女の×××』第30話


マッグガーデン 月刊コミックブレイド 4月号 [Amazon] 掲載
『僕と彼女の×××(ぺけみっつ)』(著者:森永あい)
第30話





あきらと千本木が付き合うことになってからデートをすることになって…という話。 いやいやいや読んでて終始ニヤニヤしっぱなし。あきらは今の状況受け入れたって言っても どこかでまだ冷静な自分がいて、ふと今の自分を振り返って葛藤してしまうのが素晴らしい。 『かしまし』などはどちらかといえば異性になった主人公の周りの人物の心の 物語だが、この作品ではあくまで話の中心はあきらであるのだ。

商業作品において異性になった人物がその状況をいかに受け入れていくかの描写は、性別変化のみ のTSFでは掘り下げて描かれることも多々あるのだが、入れ替わりという形では 描かれることは少ない。入れ替わりという因子は多くの作品の中での位置づけは 「事故」のようなもので、登場人物達にとって「通常でない状態」だ。多くの 作品ではこの「通常でない状態」に区切りがつくまでしか描かれない。

今この作品では「通常でない状態」に一旦区切りをつけ、この「通常でない状態」を 新たな「通常な状態」として受け入れることに葛藤する様子を描いていて非常に 面白いのである。



posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

僕と彼女の×××
Excerpt: 僕と彼女の×××
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-06 02:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。