2011年03月12日

『魂恋 〜それはタマシイの恋〜』


小学館 Sho-Comi 7号 掲載
『魂恋 〜それはタマシイの恋〜』(著者:左右田もも
試し読み

小春は受験に失敗し生徒の9割が不良という高校に入学。しかし小心者の小春はそこでいじめられてばかり。そんな自分に嫌気が差し強くなりたいと願っていたところ、学校一の不良の海原仁とぶつかって入れ替わってしまう。仕方がなくお互いの姿で過ごすことになった2人だが、海原の体には次々と他の不良たちが絡んできてしまって…。





少女漫画では実は結構多い小心者の主人公の女の子と不良の男の子の入れ替わりもの。でも意外と仲良くなる流れが急だったりする作品が多い中で、この作品は入れ替わった2人の絡みが多めなのが個人的にはいいポイント。あと“少女コミック”らしく少しだけエッチな展開もありと。ちょっと崩したキャラがやっつけな感じがある(これは絵柄のセンスの問題ではあるが)くらいで読み切り作品としては中々悪くはないかと。

posted by クロエ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/190269393

この記事へのトラックバック