2006年07月29日

『かいわれっ!』感想など


というわけでかいわれかいわれ。


越中・百合川の入れ替わりです


一通りプレイ終わりましたので感想など。
ゲームとしてみた場合、選択肢はあってないようなものなので、すべての ストーリーを見ることは容易です。内容面では入れ替わりを 扱った商業作品としては今まで見られなかった要素をいくつも持っており、 個人的には非常に満足です。話の主軸が入れ替わりから離れなかったこと などを見てもよくぞここまでやったなあと思います。

入れ替わりものって世間ではよくあるネタと言われるけど、実はそんなに じっくり掘り下げられたテーマでもないんですよ。はっきり言えば商業作品では 『転校生』で描かれた王道展開からほとんど発展がない。もっと突き詰めれば まだまだ違った面を描けるはずなんです。そういう点でいえばこの『かいわれっ!』 はその点王道から随分発展させたところにあり、随分感心させられました。

いくつかあるエンディングもそれぞれに魅力があり、せっかくなんでエンディングを 今後それぞれ取り上げてみようかなーと思います。ちなみにどのエンディングも 体験版ロングバージョンにまであったところまでは共通ルートです。

以下はネタバレにつき反転

取った選択肢によって入れ替わりという現象の位置づけが変わるなど、 なかなか凝った構成をしてます。どのルートにしてもそうですが、入れ替わり というものを、これはこれでありではないかという考えが出てくるのは商業作品と しては白眉であったと思います。
エンディングは大まかに分けて7種類。王道らしくきちんとまとめたものも あれば、少々首をひねるようなものもあり、また結構意外なところに話が 進んだものもありました。

TSF関係者の感想で「期待はずれ」という声が多いのは、それはこの作品へ対する 認識の問題ですね。この作品はTSFの流れを汲んで作られてるわけでなく、 青春もののゲームにたまたま“入れ替わり”という素材が選ばれたに過ぎない のは明白でした。例えば、入れ替わったまま終わってしまうというTSエンドは 世間一般では倒錯オチという異質なものであるわけですからね。そういう面を 期待するのがそもそも厳しかったと思います。なくて当たり前、あってほしいけど ないだろうと。

だから自分的には最初からこの作品に対しては、青春群像物と入れ替わりという テーマを如何に上手く絡ませられて描写出来るのか、が焦点でした。その点 非常に満足しましたね。まったく不満点がないかといえばそうでもないですが、 ここまでやってくれたものに対してそれは贅沢というものですね。そういや パソコンパラダイス誌8月号に出てきた入れ替わりの組み合わせってなかったなあ…。


posted by クロエ at 06:10| Comment(2) | TrackBack(1) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段はROMさせてもらっている小心者の一閲覧者のFです。

クロエさんが熱心にお勧めする『かいわれっ!』プレイしてみました。

個人的には大満足です。

感想はクロエさんがおっしゃる事に尽きると思います。

むしろ越中君が予想以上の大活躍でしたので、思っていたよりもよい出来だったと感じました。

クロエさんが良いと感じたものに共感するものの一人として、ここに書き込みいたします。

クロエさんが今後も影ながら良い作品を紹介していただける事を期待しております。

頑張ってください。
Posted by F at 2006年07月30日 22:44
はじめまして。

そうまで言ってもらえるのは少々気恥ずかしいですが有難いです。
基本的には作品には愛をもって接しましょうという感じです。
私自身「入れ替わり至上主義」な面などあり普通のTSFを求める感想などとは
違う点も多いですので、クロエはそういうスタンスだからこういう風に
言うだろうくらいに、一歩引いた視点で見てくれた方が安心しますかね。

よろしければこれからもよろしくです。
Posted by クロエ at 2006年07月31日 02:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

かいわれっ! [FlyingShine] 感想
Excerpt: AMAZON ▼ タイトル かいわれっ! ▼ ブランド FlyingShine ▼ ジャンル いれかわりアドベンチャー ▼ 対応OS Win98/98SE/ME/2000/XP..
Weblog: しばいてぃてぃ
Tracked: 2006-08-07 01:45