2005年03月13日

なんとなくアニメ関係のネタを



・3/11に放送された『ドラえもん』 第1094話「45年後…」
この作品の原作はてんとうむしコミックスには未収録になっていて、知る人ぞ知る名作。 最も未来ののび太の姿が描かれた作品です。藤子・F・不二雄氏は晩年には「時間は かけがえがないもので・若さは素晴らしいものである」というテーマの作品を よく書いていました。『親子とりかえばや』、『未来の思い出』、そして究極は『未来ドロボウ』。 この「45年後…」もそのテーマの作品で、ある意味でもう一つのドラえもんの最終回です。 まあたまにはいい話として入れ替わり話を見てみるのもいいものですよ?

・『ドラえもん』といえばこの春からのリニューアルが話題なわけですが、 アニオタとして普通に興味はありますが、なにより今までのエピソードのリメイクも あると思われるわけで。「ぼく、マリちゃんだよ」なんてアニメ版で存在はしてることは 間違いないっぽいのですが見たことないので、是非リメイク希望する次第。

・新作系に期待してみるとまずは『ケロロ軍曹』が 2年目突入ということで、未だにアニメ化されてない該当第35話「我貴君也貴君我也…。の巻」を なんとかアニメ化してほしいもの。原作の該当話の発表時期は日韓のワールドカップの時期でしたが、 ちょうど今年もドイツ大会で盛り上がってるのでそういう意味ではやりやすいはず。ちょっと エッチを感じさせる部分(夏美のソープ)を問題ない程度にアレンジすればなんとかなるかと。

・ちょっとマイナーだけど『撲殺天使ドクロちゃん』もアニメ化されて ます。一応テレビで放送してますが扱いはOVAで。原作2巻収録の該当話「おれがあいつであいつがおれだよ!ドクロちゃん!」の アニメ化を期待したいところ。ヒロイン同士の入れ替わりを見た主人公の「なんで入れ替わる相手が俺じゃないんだよ!」という 叫びは商業作品にしてはストレートでなかなか良かったしw

・アニメじゃないけど『魔法戦隊マジレンジャー』あたりも 該当話が期待できそうな気がする…。魔法というのは“入れ替わり”という非日常と親和性が高いし、全体的に コミカルさを売りにしてる戦隊なので。そういえばここんとこ毎年入れ替わり話が出てて、いつもブルー絡み。 でも今年のブルーは女性だから安心だね( ´∀`)



posted by クロエ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。