2012年07月29日

アニメ『ココロコネクト』第3話「ジョバーとローブロー」


テレビアニメ 『ココロコネクト』公式サイト
ヒトランダム編 第3話「ジョバーとローブロー」




次第に人格入れ替わりに慣れてきた太一たちだが、それと同時にお互いの内面に気付き始める。ある日の放課後、これまで何度か唯と入れ替わった青木の指摘により、彼女のあるトラウマが露呈されてしまう。隠し続けてきた内心を知られた唯は激しく動揺し、部室を飛び出していく。唯の気持ちを察することができなかったと落胆する青木。一方、太一は唯をどうにかして救えないかと考える。 (公式サイトから引用)

今回も見所を取り上げていこうと思います。この第3話は入れ替わりというギミックという意味では恐らく一番面白いところだと思います。




前回はギャグっぽい引きで終わったけど、稲葉姫子は頭でっかちで言い方に棘があって言葉も無駄に難しいものを使う、はっきり言ってめんどくさいキャラなんですけど、この神経質キャラを演じるとしたら沢城みゆきしかいないなーと思います。
言ってることは色んな要素を含みますが、その中でも「入れ替わりが実際に起きたら単なるギャグで済むわけねーだろが」的な話でもあるわけです。これも意外と他作品で追求されてない部分。他人が自分として振る舞うことを真面目に考えたら怖くなりますよね。




ヒトランダム編で一番TSFギャグっぽく色々と妄想が湧く素晴らしいシーン「女性陣に入れ替わった男性陣が女の子として遊ぶ」というもの。どんな男でも「女になりたい」までいかないまでも「女が持っている文化を体験してみたい」的なものが大なり小なりあると思うんですね。そういうのを具現化したシーンなわけですよ。『ココロコネクト』は文研部5人の物語なので他に女の子として振舞わなければいけないシーンがないのが残念ですがこれはこれで良いものだ。




唯の男性恐怖症の流れを受けて突然唯と入れ替わるシーン。原作ではそこまで意識してなかったんですけど、絵で見るといいなあと思ったシーンで、いきなり踏み込んじゃいけない場面に放り込まれた感が強くてハッとしました。入れ替わる現象は対象者に肉体の強さなどの条件を問わずいきなり行われるのも特徴です。




入れ替わった状態で唯の悩みを聞くシーン。この作品はキャラクターの真剣な悩みを話すシーンは元の体になっていることが多いんですけど、ここは入れ替わった状態で行われます。入れ替わった当人同士で会話するシーンが好きなので満足満足。




で、唯の悩みへの回答がこれです。金的攻撃
純粋にアイデアが良かったですね。女性になった男性が生理の苦しみを知るみたいなのは他作品で少なくないんですけど、男性になった女性が男性ならではの痛みを知るというのは中々ないです。これ自体のインパクトも大きい。

第3話で描かれた部分はアイデアで面白い部分なので、この話で面白いと感じた人は多かったんじゃないかなーと思います。各人が持つ悩みというのも実はそこまで重いものではないんですね。個人的には感情移入できるラインまで落とし込んでるとは思うんですけど。

posted by クロエ at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・ゲーム作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前の発言は度が過ぎましたが、そもそも、「入れ替わり」そのものが定義されていないような感じがします。
お分かりのことでしょうが、入れ替わるものには様々な表現がありますし、入れ替わりによって、入れ替えられるものも、はっきりと分析されたことはないように思います。

つまり、今までのフィクションが、いかにコメディーを追求しすぎてきたか、その歪みが、「ココロコネクト」という、異色作を生んだ感じがします。

あなたが取り上げているシーンも、原作を読んで面白かった部分ですが、「男の娘」が女らしく見えるように、「入れ替わり」によって女の子になった男の子も、意外と女らしく見えるのかもしれませんね。中性的なものが主流になれば、逆に目立ったりして…。
Posted by ウラックマ at 2012年07月29日 19:17
コメントありがとうございます。

>入れ替わるものには様々な表現がありますし、入れ替わりによって、入れ替えられるものも、はっきりと分析されたことはないように思います。

まあ作品として描きたいものは入れ替わりの現象の正体ではありませんし
それは言うならば魂とでも言うべきものですが、今の人間の技術では欠片すら
掴めていないものです。フィクションの素材と割り切ったほうがいいかと。

>いかにコメディーを追求しすぎてきたか

いやまあ「キャラがおかしくなる面白さ」って意味ではコメディーとしての追求は間違ってはいないですけどね。
ちゃんとテーマを掘り下げていけばこういうとこに辿り着けると思いますので異色作ということはありませんよ。
Posted by クロエ at 2012年08月02日 23:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。