2007年03月22日

『しゅうと嫁』第1話


宙出版 ほんとうにこわい嫁・姑 5月号 [Amazon] 掲載
『しゅうと嫁』(著者:阪口ナオミ)
第1話「大日向家のトラウマ」




今までありそうでなかった嫁・姑入れ替わり作品。さらに連載作品というから驚きだ。 しかも内容は相当に強烈。嫁・姑の争いというのはもう理屈より感情で闘う世界であり、お互いの存在が 生理的嫌悪感を抱くくらい憎らしく思えるものだ。(あくまで私の想像ですが) そんな相手に 入れ替わることを想像するだけでも気分が悪くなるが、主人公の津奈美はさらに醜いババアの 体にされたんだから、まさしく踏んだり蹴ったり。一方の姑といえば若い肉体を得て「迷惑している」など と言いながらも心の内では(・∀・)ニヤニヤしている。

ほとんどダークと言ってもいい。生々しすぎて素直に楽しむのに抵抗を 感じるくらい。うちのサイトを見に来られる方なら「自分と誰かが入れ替わったら〜」という 想像はしたことあると思うけど、たまになんかの間違いで自分が現実世界で嫌悪している人間と 入れ替わったことを想像してしまい嫌な気分になることはないだろうか。この作品は そんなイヤな想像をまんま具現化されたような印象だ。(そう思わせるくらい主人公の描写が 上手く感情移入しやすいってとこもある)

よくこういうアグレッシブな設定で話を作ろうと思ったなあと正直感心もしていて 『ラブリバ♂⇔♀』にしてもそうだけど、まとまった話を作るという意味では、こういう 設定は相当に大変なハードルに思える。こういう冒険的な作品が見れるっていうのは嬉しいね。 いつもは入れ替わり作品は最終的に元に戻らないくらいがいいと思ってるけど、 さすがにこれは主人公が可哀想すぎるのでこの作品ばかりは元に戻ってほしいと思った(笑)。

[この作品の情報はみのむーさんからいただきました。ありがとうございました。]



posted by クロエ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。