2013年10月21日

『思春期ビターチェンジ』単行本第1巻




『思春期ビターチェンジ』紹介ページ
(著者:将良)
単行本 第1巻 [Amazon] 2013年10/15発売!

佑太(ゆうた)と結依(ゆい)は、小学四年生のある日、ぶつかった瞬間に互いの身体が入れ替わってしまう。 ボクのカラダにキミのココロってどういうこと……?
現実に戸惑い、揺れる──少年少女ほろにが青春デイズ!
(紹介ページより)

こちらの作品は元々著者の将良さんが自身のサイトにて 『ちぇんじ』のタイトルで発表されていた作品。私も検索で発見してこれはいい作品だと思い感銘を受けた人間でした。商業作品ではないこともあってあんまり偏った見方の私がコメントを出すのはどうかなと考えたりしてこっそりサイトへのリンクを貼るに留める形で応援したりしていました。(相互リンクしていただいたみたいでありがとうございます。)
その作品がコミックポラリスさんに見出され今回めでたく単行本発売。ようやく感想を書いていい状況になりましたので書いていこうかなと。

作品全体が好きなのはもちろんですが特に「あ、これはすごい」と思ったのは高校生編の「ずっと二人で」というエピソード。なんですが今回の単行本はそこまでいってないのでこの語りはまたいつか。
今回の単行本では入れ替わった小学生編から中学生編。著者の将良さんは長期間の入れ替わりを特に意識したわけではないみたいなことを言ってますが、入れ替わりものの王道展開(例えば『転校生』とか)でもし戻れなかったら…?というifは、この手の作品が好きな人間ならやっぱり想像することなんですよ。そこに応える形にこの作品はなっていると思います。

佑太と結依は歳相応の男の子・女の子なので、体が入れ替わっても相手になりきれるように器用じゃない。そんな2人がぶつかりながらも協力していく姿が微笑ましいなあと思いつつもニヤニヤしてしまうわけですねw この巻での印象的なエピソードといえば第9話「初潮」でしょうか。生理の描き方って難しいんですけど、他の作品と違うのは生来の女の子の結依だって経験したことないってとこです。そんな重要なイベントを男の子に取られた心理というのは今作品の設定でないと到達しえない境地という感じですね。

というわけで入れ替わり作品を数多く見てきた筆者が自信持ってオススメ出来る作品です。

posted by クロエ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック