2014年04月11日

TSF史を振り返る 1997〜1999年くらいの話


前回の記事

ネット以前のTSF作品に傾倒する人間にとって何が不満であったか、といえば「その楽しみを誰かと共有できないこと」でした。

そこに登場したのがインターネットです。

といっても初期のインターネットは誰もが手探り。学術的なサイトや日記メインのサイトはそれなりにありましたが趣味に特化したサイトというのはほとんどありませんでした。あってもテキストと画像をなんとなく貼ってみた程度のサイトがあればいいような状態。それにgoogleなんていう気の利いた検索サイトもないため求めるものがあるかどうかもわからない、という状態でした。

インターネット以前にそれまでもネットワークを駆使したシステムというのもありパソコン通信などのサービスもありましたが自分はそちらは利用はしていませんでした。少しずつ時間が経ち画像も扱えるインターネットに少しずつ移行しようとしていたわけです。たまたまそんなある時にニュースグループの「fj」の漫画などのコミュニティに触れる機会があり、何気なく聞いてみたわけです。

「『転校生』とか人が入れ替わっちゃう作品あるじゃん。ああいうのの情報扱ってるHP(※)あったりしないかな。」

(※今だとサイトみたいな言い方だと思うんですが、当時はホームページ(HP)って 言うことが多かったと思います。)

新しいメディアだからそういう物好きもいるのかもしれないなーという何気ない思いつきと、顔の見えない気軽さから一応がっつく様子は殺しつつ書き込んだわけです。
そうしたら来たんですね。返事が。

「『八重洲 性転換の館』ってHPがあるよ。そういうのリストにまとめてる。」

!?
これは本当に衝撃でした。返事が返ってくるとは思ってなかったくらいの心持ちだったのにまさにそのものズバリがあるという話なわけです。
そして訪れたのが『八重洲 性転換の館』(現・八重洲 メディアリサーチ)でした。


yays.jpg


緑の背景を基調にしたそのサイトはまさに圧巻でした。
私自身そういった作品を楽しみ自分の知らない作品があるなら探したいというコレクター気質のある人間だったので、同じ志を持った人間が持っている情報を共有しリスト化したものがそこにあることに驚きました。またそれらをテーマにした作品の創作を後押しする「少年少女文庫」の存在個人的には今でもたまに読み返す管理人の八重洲さんの性転換作品を扱ったコラムなど。まさに性転換作品のパイオニアにして総本山というサイトでした。

そして、自分は入れ替わり作品に特に惹かれる人間だったので、八重洲さんのところから リンクされていたサイト「てっつ庵」に導かれることになるのです。 こちらは管理人のてっつさんが作成されていたどちらかといえば個人サイトなのですが 「入れ替わり作品に特化したリスト」を作成されていたのです!!自分の中ではてっつさんの方によりシンパシーを感じ、どちらかというとてっつさんの方に傾倒していったわけです。


tettu.jpg


これらのサイトに出会えて思ったこと。それは

こういう趣味を持っていたのは自分だけじゃなかったんだ!」

ということでした。

前の記事でも書きましたが、狭すぎる趣味ゆえにリアルでは共感する人間と出会うことが出来ないという悩み。それが一気に解決されたわけです。

(続く)

posted by クロエ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。