2004年10月26日

国会図書館の新システム


先週の土曜に国会図書館にまた行ってきました。10月に入ってシステムが リニューアルになってたわけですが、どうにもSUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!です。
めちゃくちゃ便利にパワーアップしてました。

・処理が一気に迅速に

今まで希望図書を申請するにも手書きがメインだったのが、検索から申請まで PCで行うようになり処理が格段に早くなりました。申請してから図書が出てくるまでの 時間も今まで15分〜25分くらいでしたが、今では5分〜10分くらいで出てくるように。 おまけに申請数も時間に関係なく一度に3までになったようです。それに従い 土曜日もちゃんと毎週やるようになったのも嬉しいですな。

・定期刊行物も一冊単位で情報がわかるように

今回の一番嬉しい変更点。定期刊行物ってのは雑誌のことですが、今までは雑誌と いう大きな括りでしか扱っていなかったのが、一冊毎に所蔵情報が分かることに。 つまりどういうことかというと今まで扱ってたのかどうかがよくわからなかった 雑誌の増刊号の所蔵まではっきり分かるようになりました。

何せ入れ替わりものというのは連載よりかは読みきりによく使われる素材であり、 読みきりメインの増刊での掲載率も高いのですが、今まで扱っているのかどうかが よくわからず泣く泣く再見をあきらめたことも多かったわけです。今回検索してみて びっくりするくらいあっさりと引っかかったため正直驚愕しました。こりゃあまた 通いつめる日が増えそうですー。

まあ複写に関しては手作業でやるしかないで今までのように時間がかかるのは どうしようもないですが、該当近くの雑誌を絨毯爆撃的に調べるのはやりやすく なりましたな。(やる気かよ自分…)



posted by クロエ at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。