2004年10月26日

『あいつになった日』


講談社 なかぞう春休み号(なかよし1996年4月増刊号)掲載
『あいつになった日』(著者:英 洋子)
[単行本未収録]

 


たくやとりさは幼馴染みでお隣同士。ある日一緒に登校していたとき誤って 歩道橋から転げ落ちた二人はそのショックで入れ替わってしまった。 たくやになったりさは代わりにサッカーの部活に出ることに。実はりさは サッカー部の先輩・山口に片思いをしていて卒業式に告白するつもりだった。 しかし二人はあることをきっかけに元に戻ったりまた入れ替わったりする 体質になってしまう。そして告白の日を迎えた日に二人は…。

この作品は存在自体は周辺情報から確定していたのだけど、増刊号掲載ということで 正直見るのをあきらめていた作品でした。で、今回の国会図書館システムリニューアルに 伴い掲載誌が所蔵していたことがわかり発掘に至ったという苦労の賜物です。
絵柄はちょっと古臭いけど内容は王道とも言えるくらいまっすぐな内容で 少女漫画というジャンルの中ではかなりの出来の良さ。まさしく苦労の甲斐が ありました。



posted by クロエ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。